御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

京都のお菓子-食べたお菓子の記録【随時追加中】-

和菓子散策も楽しい京都

 

和菓子も有名で歴史のあるお店が多く残る京都。

多くの武人が好んだ茶道、そして生活に溶け込んだ煎茶道が京都の和菓子文化をここまで艶やかに育んで来たのでは?と思っています。

 

特別な日や来客に合わせてお菓子を買うことがあるのですが、ついつい目移りしてしまいます。

 

食べる時期が決められているお菓子

 

京都には、食べる時期が決められているお菓子があります。

花びら餅

 

お正月のお菓子と言えば、花びら餅。多くの和菓子やさんで販売されていて、購入する人も多いお菓子です。初釜のお茶会が行われる松の内の間のお菓子になるのではないでしょうか?

甘く炊いた牛蒡とか、白味噌風味の餡とか、食べる前には不安要素が多く感じられる花びら餅ですが、ほんのりと残る牛蒡の風味やどこかで味噌を感じる程度のあっさりした味噌餡が絶妙です。

茶道の初釜の際に使われることが多い花びら餅ですが、初釜に使われるお菓子と言ってもお濃茶に合わせて大甘や濃い味にされていることはないので、煎茶と一緒に頂いても美味しくいただけます。

写真は亀屋良長さんの花びら餅。説明の紙も一緒にいただきました。求肥の上からでも中のピンクのお餅がうっすらと見えていて、新春の喜びのような色味。春の到来が待ち遠しくなるお菓子です。

 

花びら餅

 

菱葩餅 - Wikipedia

 

水無月

 

水無月が店頭に並び始めるのは、6月中旬頃でしょうか?多くの神社で夏越しの祓が行われる6月30日に食べるお菓子と言われています。夏のお菓子の代表格と言っても過言ではないのですが、祇園祭が行われる頃にはほとんどのお店で販売が終了されます。

水無月は外郎の上に小豆を乗せて三角に切られた、非常にシンプルなお菓子。下の外郎の部分に抹茶や黒糖を混ぜて、色+風味付がされたものや違う種類の豆が用いられた物を見かける程度で大きく変えられることはなく、昔からの形式が守られ続けています。

外郎の部分は暑気払いの氷を表し、その上に魔払いの力がある小豆を乗せた、夏越しの祓の為にあつらえられたかのような水無月。

水無月は和菓子屋さんはもちろん、スーパーなどでも売られているほど京都ではメジャーな和菓子です。

 

※近所のスーパーで購入した水無月。くろもじを添えるとそれらしく見えるマジックです。

どら焼-笹屋伊織-

 

「食べる時期が」と言うよりは、販売されている日が限られているお菓子、笹屋伊織さんのどら焼。東寺のお坊さんが副食として頼んだ、というだけあり、弘法さんが行われる21日前後、毎月20〜22日の3日間限定で販売されるお菓子です。東寺の弘法市の中では販売されていないのですが、全国の百貨店の笹屋伊織さんでも購入できるお菓子。

見かけたら、ぜひ。

 

笹屋伊織どら焼

 

東寺縁日-東寺 毎月21日の弘法市と第一日曜のがらくた市【参拝するたび追加しています】
東寺では毎月21日に弘法市とという縁日と第一日曜のがらくた市が行われています。掘り出し物を見つけたり、骨董品を見て廻ったり。過去の写真から、その雰囲気を。

 

冬を楽しむお菓子

 

手前の桜のお懐紙が仙太郎さんの雪兎。上の梅のお懐紙のお菓子が亀屋良長さんの蕪、戌年の焼印が押されています。

両方とも見た目で冬を楽しめるお菓子。

 

仙太郎と亀屋良長

 

夏を楽しむお菓子

 

夏の京都は本当に暑いのですが、その分、見た目に涼やかなお菓子が多い感じがしています。

俵屋吉富 鴨川あゆ。

カステラ生地で求肥や餡を包んだ若鮎は多く見受けますが、こちらは全く違います。もっと薄い生地でパリパリとまでは言わないまでも、麩菓子のような軽い口当たり。私が食べたものは小豆羹だった気がしますが、しょうが味の求肥の物もあるようです。

 

 

俵屋吉富 公式サイト

俵屋吉富|京都の和菓子|京菓子「俵屋吉富」

 

幸楽屋 金魚鉢。

他のお店でも水に見立てた寒天やゼリーの中を魚の練り切りなどが泳ぐ和菓子は見かけますが、私が好きなのは、幸楽屋さんの金魚鉢。一個一個ラップで包んで吊るされて固められる為、微妙に形が違うのが特徴です。

とにかく、可愛い。
本当に、可愛い。

あちこちで売られていない為、烏丸鞍馬口のお店まで買いに行ける日は、向かう道中からテンションが上がる一品です。

 

 

亀屋清永 星づく夜

ちょっと恋色目の写真しか手元にありませんでしたが、亀屋清永さんの期間限定の羊羹、星づく夜。一目惚れで購入した一品。小さいサイズのもので750円(税抜き)でした。お味はパッションフルーツ味ということでしたが、そもそもパッションフルーツの味がよくわからない私には、「美味しかった」という印象しかありません。夏らしい涼やかさ、ため息が出る美しさです。

 

星づく夜

 亀屋清長 星づく夜

 

亀屋清永 公式サイト

亀屋清永
京御菓子司亀屋清永。1617年(元和3年)の創業から400年、京都祇園にて広く京御菓子司として皆様方に格別のご愛顧を賜りつつ、伝統の継承と共に絶えざる努力を重ねて今日に至って居ります。

 

寺社仏閣近くの、山門菓子。

 

あぶり餅

今宮神社の山門にある、かざりやさんと一文字屋和輔さんのあぶり餅。白味噌仕立ての一口焼き餅、と言った所でしょうか?
この2店、京都の人にはどっちが好きだとか食べ比べだとかこだわりがある人も。
こだわりがない人や観光で来た人は、向き合って建つ2店、どちらに入るか悩んでしまう人も多いかと思います。私はかざりやさんはお土産で、一文字屋和輔さんは現地で頂きました。少し期間が開いていた為、食べ比べにはならず。どちらも美味しく頂きました。

 

かざりやあぶり餅

※かざりやさんのあぶり餅

一文字屋和輔

※一文字屋和輔さん店舗内から見た、あぶりやさん

一文字屋和輔あぶり餅

※一文字屋和輔さんのあぶり餅

 

下鴨神社近くの矢来餅
世界遺産で『穢れを祓う』誰でも参加が出来る夏のお祭り-下鴨神社のみたらし祭-
夏の土用の丑の日辺りに開催される、下鴨神社のみたらし祭。みたらし祭は参加して涼を味わえる夏のお祭りです。2017年の写真をメインに、過去のみたらし祭の写真と一緒にみたらし祭の雰囲気をお伝えしています。

 

城南宮の近く「おせきもち」

 

おせきもち

 

城南宮の夏祭りはおすずみ神楽が見られるオススメのお祭り。
京都の南を守り続けて1200年の城南宮。その城南宮で行われている夏祭りをご存知ですか?城南宮の夏祭りは懐かしい雰囲気が漂うお祭りです。地元の人にまぎれておすずみ神楽を見てみませんか?
城南宮 2017年9月は菊の巫女神楽+限定御朱印。
京都市伏見区にある城南宮。名神京都南インター降りてすぐにある、車でも参拝しやすい城南宮は、曲水の宴や巫女神楽、方除、厄除、車のお祓いで有名な、京都の南を守る神社です。

 

鞍馬寺山門の「牛若餅」

 

鞍馬寺山門門前 牛若餅

 

 

鞍馬山 JR京都駅から鞍馬寺 中門まで
鞍馬の天狗や牛若丸で有名な鞍馬山。この夏の猛暑の中、鞍馬の山越えに行ってまいりました。目的は、友人の観光に付き合う為。京都駅からのJR→京阪電鉄への乗り換え方法や、山門門前の様子を。

 

日の出老舗さんの「すすき」

 

観智院で出されたお菓子と同じ材料で作られています。

東寺塔頭 観智院 多くの学僧が学んだ真言宗の勧学院
東寺塔頭の観智院(かんちいん)。平成26年から行われていた改修工事が、平成28年に終了しました。改修のポイント、国宝の客殿、唐から詔来したと言われる五大虚空蔵菩薩様、愛染明王様、宮本武蔵筆と言われる画を満喫してきました。

日の出老舗さんで購入した「大師笠」

 

東寺東門三軒横の東寺餅さんの「東寺餅」

 

和洋折衷でクリーミーな和菓子。ご主人のお話も非常に楽しかったです。

 

長五郎餅

 

北野天満宮境内で購入した「長五郎餅」

長五郎餅

 

2月25日の天神さん(北野天満宮)に行ってきました。
数年足が遠のいていた、北野天満宮の天神さんの日(25日の縁日)。2月は梅花祭も行われるし、梅花祭野点大茶湯もあるし、今年は日曜日だし梅が咲いて居たら梅園も〜♪と気軽に出向いたところ、歩くのにも困るほどの人人人! さすが、天神信仰の本拠地、色々お見事でした。

 

お土産にオススメはこちら↓

京都土産 京都生まれじゃない私が、多くの人に渡したい時に選ぶお土産
京都生まれじゃない私が、帰省の時に選ぶお土産の中でも、リピート率が高い『大勢に配る時に選ぶお菓子』をご紹介。美味しいもの、綺麗なお菓子がいっぱいある京都でも、買いやすさや値段に拘ったお土産をご紹介。

 

コメント

Translate »