御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

東寺縁日-東寺 毎月21日の弘法市と第一日曜のがらくた市【参拝するたび追加しています】

東寺 概要

 

名称東寺
(通称:教王護国寺)
山号八幡山
正式名称金光明四天王教王護国寺秘密伝法院(こんこうみょうしてんのうきょうおうごこくじひみつでんぽういん)
正式名別称:弥勒八幡山総持普賢院
御本尊薬師如来像脇侍/安置仏日光菩薩/月光菩薩
その他敷地内に多数
開基桓武天皇宗派真言宗
住所京都府京都市南区九条町1
最寄りの公共交通機関近鉄東寺駅から徒歩約8〜15分
京都市営バス 東寺東門・東寺南門・九条大宮・東寺西門前
拝観時間等05:00〜16:30、17:00、18:00
(季節によって変わります。夜間拝観も、一度閉門退出後、再入場になります)
拝観料(通常)拝観料:庭園内(金堂講堂含む)500円
※拝観内容により変動あり・無料で見られる場所もあり

 

東寺 弘法市 縁日

 

東寺では毎月21日に、境内いっぱいに縁日が出て、地元の人から観光客まであらゆる人で賑わいます。京都の人はこの市のことを親しみを込めて「弘法さん」と呼んでいます。

 

東寺毎月21日弘法市の縁日

※2015年6月の弘法市

この写真は、2015年6月21日の弘法さんの縁日。朝まで雨が降っていたため、比較的混んでいない日の弘法市の南門からの風景。弘法さんの縁日の日は、早朝から大勢の人で賑わいます。

 

元々”縁日”とは神仏がこの世と”縁”を持つ日とされており、この日に参詣すると大きな功得があるということです。東寺では祖師空海入寂の3月21日を期して毎月21日に御影堂で行われる御影供のことを指しています。 当初は年に1回行われていたものが、1239年以降は毎月行われるようになったそうです。
一方、人々が盛んに参詣に訪れるようになったので、当時『一服一銭』と言われるごく簡素な屋台で茶を商う商人(茶店の前身のようなもの)が出てくるようになり、江戸時代には茶店だけではなく、植木屋や薬屋なども出てくるようになりました。これが現在の「弘法さん」の起源だと言われています。

出典:東寺出店運営委員会

 

東寺毎月21日弘法市の縁日

東寺毎月21日弘法市の縁日の佐々木酒造

※2016年2月の弘法市

東寺さんの弘法市と北野天満宮で毎月25日に行われている北野天満宮骨董市(天神市)は、業者さんの多い骨董市です。あの有名俳優さんのご実家の酒屋さんも見かけたことがあります。私の知人のお菓子やさんも以前出店していましたが、普段は別の場所で営業していて21日だけ東寺にも商品を持ってきて出店する、という形を取ってました。

弘法さんではお花や盆栽、骨董品(古着〜食器、その他昔使われていたもの)、靴、大工道具、手作りのお漬け物や佃煮、鞄にのれん、その場で食べられるものなど、様々なものが売られています。

 

東寺毎月21日弘法市の縁日

※2016年2月の弘法市

南門の入り口でコーヒーを買って飲みながらブラブラ回ることが多いのですが、私がよく買うのが、お花。下の方の要らない葉や棘などを落としたりという、一般的な花屋さんで行われるような処理がされていないものも多いため、格安の値段で購入することができます。盆栽やお花は大宮通沿いにある東寺の東門から入った周辺に多く出店されているので、気になる人は東門辺りへどうぞ。

夏場は風鈴、冬はお餅と季節によって売られているものが変わるのも、飽きないポイントの一つです。特に12月21日に行われる弘法市は「終い弘法(しまいこうぼう)」と呼ばれ、南天や松、お餅など、正月準備用の品物が多く扱われ、多くの人が購入しています。

 

東寺毎月21日弘法市の縁日の揚げ餅

※2016年2月の弘法市で食べた揚げ出し餅 和風味 400円

4月21日の弘法さんは、この日だけ灌頂院の北門が開けられ閼伽井が公開されるので、更に多くの人で賑わいます。

 

閼伽井を見に行った時の話は、こちら。

東寺 灌頂院の門扉が開く、6時間
東寺、灌頂院。真言宗の最大の法要である御七日御修法(ごしちにちしほ)が行われる1月14日と、弘法大師入定の日である4月21日を逃すと、屋根しか見ることが出来ません。閉ざされた門の向こうに入れるチャンスは年2回!!

 

2018年3月21日 東寺 弘法市

 

暖かい日が続いて居たのが、一転して寒くなった日。雨も降ったり止んだりの春分の日に、東寺の弘法市に行ってまいりました。2017年の11月の弘法市以来、久々でしたが、空を見上げながらの駆け足での参拝でした。

弘法市の時には、南大門の横の門扉が開かれます。普段は潜ることが出来ない門です。

 

20183021弘法市

 

そんな天候が影響してなのか、それとも4月の弘法市に備えてなのか、境内の出店数も参拝する人の量も、いつもより少ない気がしました。

それでも南区の東寺周辺は、タクシードライバーさんの間では有名な「京都市内では雨が少ない場所」。北から運転して来ても、この辺りは雨が止んでいることが多い場所なんだそう。

 

20183021弘法市

 

弘法市の日は、普段は柵で囲われていて有料拝観以外では遠くから拝むことしか出来ない御本尊の薬師如来様、脇侍の日光/月光菩薩様の拝顔が出来る日。

夜桜ライトアップの際にも、こちらの扉が開かれています。

 

20183021弘法市

 

四国霊場八十八ヶ所お砂踏み

 

毎月の21日の弘法市の時だけ、食堂の外回りに一周ずらりと写真の様に掛け軸が飾られます。前日の夕方には用意が始まっているため、20日の午後に東寺を訪れると、掛け軸は見られるかもしれません。
そして、その足元には砂が入れられた四角い袋が置かれます。ここで出来るのが、四国霊場八十八ヶ所お砂踏み。

 

東寺毎月21日弘法市のお砂踏み

※写真は2015年6月21日の弘法市

東寺毎月21日弘法市のお砂踏み

 

入り口で500円を支払いスタンプカードとお札の束をもらいお参りの仕方を教えてもらます。初めて東寺の四国霊場八十八ヶ所お砂踏みを東寺で行った時は、こんなカードはなかったような…よく覚えていません。

四国霊場八十八ヶ所の各寺院と高野山に見立てた掛け軸の下にその寺院から持ち帰ったという砂の袋が置いてあるので、そこを「南無大師遍照金剛」と唱えながら(心の中でもOK)一ヶ所ずつお参りをしていきます。

南無大師遍照金剛とは、弘法大師様と大日如来様に変わらずに帰依します、という意味だそうです。南無大師遍照金剛はともかく、同行二人という考えが、いつでもどんな時でも例え孤独を感じても弘法大師様が近くに居てくださるようで、私は好きです。

このお砂踏みを一周まわると、四国霊場八十八ヶ所を一周回ったことになるのだとか
京都で四国霊場八十八ヶ所お砂踏みが出来るのは

・仁和寺 御室八十八ヶ所御山巡り
・東寺 弘法市(毎月21日のみ)
・今熊野観音寺(毎年9月21日〜9月23日)

です(私が知らないだけで、もっとあるかもしれません)

 

今熊野観音寺 秋分の日は京都で四国八十八箇所お砂踏法要を
御寺 泉涌寺 塔頭の一つ、今熊野観音寺。熊野信仰とも繋がりのある今熊野観音寺では、9/21〜23の間、室内で四国八十八箇所お砂踏法要が行われています。お彼岸に合わせて行われる参加しやすいお砂踏法要。お遍路に行きたいけど行けない忙しい人は、是非!

 

時間がかかるのと、前後の人の速さなどが気になってアタフタしてしまうお砂踏みですが、四国は遠いし八十八ヶ所回る時間なんてないし…という人にはオススメです。

 

弘法市の時だけ買うことができる、どら焼

 

笹屋伊織さんが販売している、どら焼。一般的に販売されているどら焼きとは全く違う形状と味。このどら焼、弘法さんの前後3日間だけ販売される限定菓子です。

 

江戸時代末期、京都東寺の銅鑼の上で焼いた棹(さお)菓子。
秘伝の皮に棒状のこしあんをのせ、くるくると巻いたこのお菓子はお坊さんの副食として作られたもの。以来、弘法市(弘法さん)の前後3日間(20.21.22日)のみご用意しております。一子相伝で守り続けた素材と製法。京都を代表する銘菓のひとつです。

出典:高島屋オンライン-笹屋伊織

 

竹の皮ごと切り分けていただく、このどら焼。見た目は年輪のようにグルグル、竹皮の風味とモチモチ感と控えめな餡。一切れでも十分お腹がいっぱいになる、お得感のあるどら焼でした。

 

笹屋伊織どら焼

笹屋伊織どら焼

 

本店も東寺からさほど遠くない距離ですが、どら焼を求めたい場合は、東寺東門を北に少し歩いた所の民家の軒先か京都駅、京都市内の百貨店での購入も可能です。お値段は徐々に上がっているようですが、私は1,620円で購入…した気がします。

 

京菓子 笹屋伊織 | 1716年創業の老舗和菓子店
京菓匠 笹屋伊織 公式サイトです。笹屋伊織が京都に暖簾を掲げたのは、今から300年以上前の1716年。私共は常に最上のものを求められるお客様の声にお応えしながら、有職菓子司として豊かな京都の四季を味わえるる和菓子作りを研鑽して参りたいと存じます。

 

 

毎月第一日曜のがらくた市

 

毎月第一日曜には、がらくた市が行われています。弘法市に比べて規模は小さいものの、近年拡大傾向にあり、それに伴い訪れる人も増えています。

 

東寺毎月第一日曜ガラクタ市

※2013年6月のがらくた市

数年前までは、金堂の前だけでこじんまりと行われていました。

 

東寺毎月第一日曜ガラクタ市

※2017年7月のがらくた市

最近は、講堂横辺りまで出店されていて、多くの人が訪れる様になりました。どちらかというと、がらくた市の方がフリーマーケット感が強いです。

弘法市もがらくた市も、14時頃にはあちこちで店じまいが始まります。天気によっては商売を切り上げて帰ってしまうお店も。食べ物などは終わりがけには売りつくしの為に値下げされていることもあります。

弘法市は21日と日付が固定されているので平日だとなかなか出向けないことも多いのですが、第一日曜のがらくた市が大きくなって来て、少し嬉しいこの頃です。

 

2018年3月 ガラクタ市へ。

 

2018年3月4日。毎月のお詣りも兼ねて、ガラクタ市が行われている東寺へ。のぼりが立てられているため、わかりやすいガラクタ市。

終わりがけでしたが、多くの人が訪れていました。今回見つけた珍しいものは、某お寺の御朱印に使われていたと思われる版木。現存する左京区のお寺のもので2500円で販売されていました。

14時頃からは、閉店準備のために境内を車が走っていることがあります。参拝の際はお気をつけて。

 

東寺毎月第一日曜ガラクタ市

東寺毎月第一日曜ガラクタ市

東寺毎月第一日曜ガラクタ市

 

東寺 御朱印 十一面観音様

 

東寺の御朱印は現在9種類(過去は10種類あった時期もあったそうです。) 、一度に拝受出来る御朱印は、3種類まで(私が御朱印を頂いていた当時です)。東寺の中でも無料で拝観出来る区域にある、食堂の中で頂くことが出来ます。土日祝日の午後や弘法市、がらくた市の日は高確率で並んでいますが、東寺の職員さんに従い列に並びましょう。

 

東寺十一面観音様の御朱印

 

食堂に鎮座する、十一面観音様の御朱印。十一面観音様の後ろのお顔は、暴悪大笑面と言われています…怖いけれど、一度実際に拝顔してみたい、と思ってしまいます。

 

東寺 国宝 御影堂<修理中>
東寺の御影堂(みえいどう)。国宝 太子堂の名でも有名です。ここは弘法大師様が住んだと言われている地。2016年から2019年までひわだ屋根と建物の改修工事中です。あの重厚な空間、公開再開が待ち遠しい!
東寺塔頭 観智院 多くの学僧が学んだ真言宗の勧学院
東寺塔頭の観智院(かんちいん)。平成26年から行われていた改修工事が、平成28年に終了しました。改修のポイント、国宝の客殿、唐から詔来したと言われる五大虚空蔵菩薩様、愛染明王様、宮本武蔵筆と言われる画を満喫してきました。
東寺 2016年の秋期特別拝観(小子房)を振り返る。
東寺 2017秋期特別拝観が始まっています。2016年は小子房と漢頂院と宝物館が公開されました。小子坊のお庭と夜間拝観の様子を振り返りながら、2017年の秋季特別公開の情報を。
東寺縁日-東寺 毎月21日の弘法市と第一日曜のがらくた市【参拝するたび追加しています】
東寺では毎月21日に弘法市とという縁日と第一日曜のがらくた市が行われています。掘り出し物を見つけたり、骨董品を見て廻ったり。過去の写真から、その雰囲気を。
東寺さんの2017秋季特別拝観に行ってきました。
東寺 2017秋期特別拝観、のライトアップに行ってきました。東寺の秋期特別拝観は時期によって公開されているものが違うので、スケジュールを確認して出向く必要があります。あの講堂の空間だけは別格です。
東寺の中の鳥居-南大門脇で東寺を守る神様たち
東寺南大門から東寺に入ると、両脇には朱塗りの鳥居が。菩薩様にもなった八幡様と東寺より古くから鎮座する地主神様が祀られています。五重塔を背負った鳥居はなかなかないのでは?

 

東寺の公式サイト↓

東寺 - 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺
真言宗総本山 東寺〔教王護国寺〕の公式サイトです。境内・歴史の紹介、特別公開のお知らせ。法要や拝観のご案内。

 

東寺出店運営委員会のサイト↓

http://www.touji-ennichi.com/

 

コメント

Translate »