御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

島原散策-例えばこんな、下京めぐり-

かつての花街「島原」の寺社をブラブラお詣り。

 

洛陽十二支妙見めぐりを始めるために、京都市下京区の「島原」と呼ばれる地区の寺社仏閣をお詣りしてまいりました。島原は、かつて花街として栄えた地区ですが、現在は民家や会社が立ち並び営業を続けている置屋さんは1件だけ、となってしまった場所です。

 

島原(しまばら)は京都市下京区に位置する花街の名称。「嶋原」とも書く。正式名は西新屋敷といい、6つの町(上之町、中之町、中堂寺町、太夫町、下之町、揚屋町)で構成されている。島原は1976年に京都花街組合連合会を脱会し、現在は輪違屋のみが正式なお茶屋の鑑札を有し、置屋兼お茶屋の営業を行っている。

出典:wikipedia-島原(京都)

 

京都観光Navi:島原
週末,京都で開催されるイベントを探したかったら,公式サイト「京都観光Navi」が便利!寺社の特別公開やライトアップ,グルメイベントや美術館,季節の開花情報までを網羅!便利な地図や,京都市バスにも対応した乗り換え検索なども充実!京都を満喫するなら,「京都観光Navi」をぜひご活用ください!

 

今回私がお詣りしたのは、
・島原住吉神社
・法華寺
・慈雲寺
・住吉神社
の4社寺。このルートを普通に歩くと、google上では11分。私は島原大門も見たかったため、最短ルートを通りませんでした。それでも13分で歩ける、と表示される距離です。

 

 

島原西門前跡地からお詣りスタート

 

島原西門跡地の碑は、島原住吉神社に建っています。この島原西門は、交通事故で折れて壊れたと聞いたことがあります。市場の近くのため、交通量が多い時間帯があるのでしょう。

 

島原西門

島原西門跡の碑

島原西門跡の碑

 

島原住吉神社 花街だった島原で信仰を集め続ける神社。
JR山陰本線の丹波口駅から徒歩4〜5分の島原住吉神社。撮って保存したはずの写真が見当たらず戻ったり、説明のない石碑を見つけたり、御朱印を頂く時に初体験があったり…記憶に残る神社となりました。※当サイトでは石碑などを丸写することは控えておりますので、ほぼ感想文です、ご了承ください。

 

島原西門跡から石畳が敷かれた花屋町通を東に進むと、東鴻臚館(ひがしのこうろかん)阯碑があります。

 

当初は朱雀大路南端の羅城門の両脇に設けられていた。東寺・西寺の建立のため弘仁年間(810年 – 824年)に朱雀大路を跨いだ七条に東鴻臚館・西鴻臚館として移転。現在の京都府京都市下京区、JR丹波口駅の南東附近に位置した。天長10年(833年)の『令義解』にある鴻臚館は平安京の鴻臚館を指している。

平安京の鴻臚館はおもに渤海使を迎賓していた。

出典:wikipedia-鴻臚館(平安京の鴻臚館)

 

鴻臚館

 

そのまま道沿いに進むと、角屋についての京都市の駒札。島原には花街当時を忍ばせるような建物は非常に少ないのですが、角屋は島原開設当初の様式を残していて、重要文化財に指定されています。

公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)
公益財団法人角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

 

重要文化財に指定されている角屋ですが、平成30年6月11日に起こった大阪府北部地震により、屋根瓦がずれてしまったそうです。

重文「角屋」、屋根瓦ずれる 大阪北部地震、京都の住宅被害増加 : 京都新聞

 

島原角屋

島原角屋

 

島原の雰囲気を味わいたい人は、ここで寄り道を。

 

花屋町通に敷かれた石畳の中に、一際大きな建物が建っています。京都でこれだけ間口の大きな建物はなかなか見かけません。さすが、元花街、といったところでしょうか? こちらは築200年以上の元旅館、屋根の上の鍾馗さんも凛々しいきんせ旅館、カフェ+旅館です。

きんせ旅館(@kinseryokan)さん | Twitter
きんせ旅館 (@kinseryokan)さんの最新ツイート 定休日:火曜日  営業時間:15時~22時。不定休もありますので、特に遠方よりお越しのお客様はご来店前にお電話でご確認ください。075-351-4781 ※小学生以下のお子様はご入店をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。 京都市下京区

 

島原

 

きんせ旅館の前の道をそのまま東へ向かい、少し北上すると見えてくるのが、輪違屋。島原で営業を続ける唯一の置屋兼お茶屋です。「観覧謝絶」と書かれていて、一見さんお断り、常連さんから紹介されて初めて門を潜ることができるお店です。輪違屋も間口が広く、間口の広さで税金がかけられていたこともあった時代にいかにお金をかけていたのか?ということを想像することができます。

 

島原輪違屋

島原輪違屋

島原輪違屋

 

再びお詣りへ。

 

輪違屋の道沿い(北上)に、法華寺があります。

法華寺 洛陽十二支妙見めぐり 未の方の妙見さん
島原にある、法華寺。境内には洛陽十二支妙見めぐりの「未」の妙見さんが祀られています。ご自由に…と書かれている妙見さんですが、堂内に入って良いものかどうか…迷う所です。サツキが咲いている季節に伺ったのですが、直後に近隣で用事ができたため再度訪れたところ、紫陽花も見事に咲いていました。

 

再び花屋町通に戻り東に進むと、島原大門です。

 

島原石碑

島原

島原大門と柳

島原大門

島原の駒札

島原大門の横にあった石碑

 

花屋町通に敷かれた石畳は、島原大門で終了です。この石畳の敷かれた花屋町通、歩行者用道路ではありません。車の往来があるので、ご注意ください。

そして、そこから慈雲寺→住吉神社へと進みました。島原大門から慈雲寺までも、すぐです。

 

住吉神社 下京区2箇所めの住吉神社
自転車で大宮通りを走っていた時に見つけた、住吉神社。醒ヶ井通の住吉神社に続き、下京区2ヶ所目の住吉神社へのお詣りとなりました。社務所が閉まっていたので、御朱印がいただけるかどうかはわかりませんでしたが、境内を満喫して来ました。
慈雲寺 洛陽十二支妙見めぐり 申の妙見さん
慈雲寺の妙見さんは島原妙見宮と呼ばれるだけあり、申の妙見さんだけに、色々なものが去る(申)ように、昔から信仰を集めてきた妙見さんです。話し上手なご住職と妙見さんのお話はもちろん、中国の故事から地域の話題まで話し込み過ぎて、写真+内容少なめです…。観光寺院ではありませんが、再訪したいと思います。

 

周辺にはお詣りをしなかったお寺(拝観できるかどうか不明のため)や、絵入り御朱印が有名なお寺(要予約)もあります。島原で働いていた女性がお詣りをしていた、という壬生寺や、醒ヶ井の住吉神社へも歩いて向かうこともできます。

島原でお詣りした寺社は全て家族や保存会、檀家さんにより守られている寺社でした。御朱印がいただけるかどうかはタイミング次第となってしまいますが、それでも濃い空間だったなぁ、と思います。

コメント

Translate »