御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

神明神社 四条烏丸からすぐ、街中で町の人が守る神社へ。

神明神社 概要

 

名称神明神社(しんめいじんじゃ)創建平安時代(詳細不明)
主祭神天照大神、菅原道真公
境内社/摂社・末社不明(五社)
主なご利益厄除け、火除け
所在地京都府京都市下京区神明町
最寄りの公共交通機関京都市営地下鉄 四条駅 / 阪急電車 京都線 烏丸駅 → 2〜5分(出口によります。)
京都市営バス 四条烏丸 → 2〜5分

 

 

京都のメイン通りの一本南

 

京都一番の商業地、四条烏丸-四条河原町。この通りの一本南の綾小路通沿いに小さな神社があります。神明神社です。西行き一方通行の通りですが、昔から四条通りの抜け道として使う人やタクシーが多く通る上、一時停車をしている商用車も多いため、この辺りは朝から晩まで混雑しているイメージがあります。

まずは正面から。鳥居に隠れて居ますが、門の左側に「文子天満宮」と書かれた木札が貼られています。社殿前と鳥居横に札が建てられていますが、京都市設置のいつもの駒札は鳥居の横に建てられたもの。

 

神明神社正面 20180527

神明神社正面 20180527

神明神社 駒札 20180527

神明神社 駒札 20180527

 

神明神社 鳥居の中へ。

 

鳥居を潜ると右手に手水舎があります。普通の蛇口の手水舎ですが、下にはちゃんと「洗心」と書かれた手水鉢が置かれています。神社の手水舎で蛇口と言うのは、逆に斬新で清潔な気がします。

当地は平安時代末期、近衛天皇がしばしば皇居としたと伝わる藤原忠通の屋敷跡で、「四条内裏」または「四条東洞院内裡」と呼ばれた、この邸内にあった鎮守の社が神明神社である。
(中略)
その後、天台宗の護国山立願寺円光院という寺によって管理されていたが、明治初期の神仏分離令によって神社だけが残され、それ以来、神明町が管理を行っている。榎の大木があったので「榎神明」とも呼ばれた。

また、当社には豊園(ほうえん)小学校内(現在の洛央小学校)に祀られている文子天満宮の祭神が戦後、合祀されている。

出典:wikipedia-神明神社(京都市下京区)

 

平安時代からこの地にあるというこの神明神社。歴史の古さだけではなく、町内により管理されていることなどから、以下に大切に扱われてきたか?がわかります。また、入り口に「文子天満宮」と書かれた木札が貼り付けられていたのは、合祀されたからだということがわかります。

この神明神社は榎とは縁が深いわけですが、社殿を囲う柵と屋根の鬼瓦と軒瓦に桜が描かれていました。社紋かなぁ?と思いながら拝見。

 

神明神社 20180527

神明神社 20180527

 

社殿の前には謡曲「鵺(ぬえ)」と神明神社の関係が説明されていました。そして、それにまつわるやじりの写真が、拝所の中に掲げられていました。

社伝によると、近衛天皇の時代、頭は猿、尾は蛇、手足は虎の「鵺(ぬえ)」という怪鳥が毎夜、空に現れ都を騒がせた。弓の名手であったという源頼政は退治の命を受け、当社に祈願をこめた後、見事に鵺を退治した。この時使われた弓矢の「やじり」2本が宝物として伝わっており、今でも祭礼の時に飾られる。

出典:wikipedia-神明神社(京都市下京区)

 

この謡曲史跡保存会の駒札は、泉涌寺の舎利殿や金札宮、貴船神社、北野天満宮横の観音寺など、多くの寺社で見かけられます。

 

謡曲史跡保存会 「鵺」と神明神社

謡曲史跡保存会 「鵺」と神明神社

神明神社 鵺退治の絵馬

神明神社 鵺退治の絵馬

神明神社 宝物 弓矢の矢じり(2本)の写真

神明神社 宝物 弓矢の矢じり(2本)の写真

 

拝所と本殿の間に、西向きに五社が祀られていますが、こちらに関しては詳細がわかりませんでした。由緒略記にも記載が見当たらないため、詳細は誰もわからないのかもしれません。

 

神明神社 本殿前の境内社 五社

神明神社 本殿前の境内社 五社

神明神社 20190108

神明神社 20190108

 

境内は狭く、また社殿は柵で囲まれているために、あまりゆっくりとお詣りするという雰囲気ではありませんが、何度訪れてもしっかり手入れされている感じがする、神明神社です。

神明神社(京都市下京区)の御朱印

 

神明神社は無人の神社ですが、由緒略記と御朱印が用意されています。御朱印は以前は志納でしたが、現在はお賽銭箱に300円を入れてください、と書かれています。金額を明記されている方が迷わずに済むので助かります。また、参拝日は各自で書いてください、とも書かれていて、御朱印は日付が空白の状態で置かれています。

隣に置かれている由緒略記は無料で頂けますが、用意したり補充したり…維持するのも大変なことだなぁ、と。神明神社を守る方々の御好意に感謝です。

実は最初に訪れた時、御朱印が全部貰われて空の状態でした。街中なので、気軽に訪れる人が多いのかもしれません。「あぁ、またお詣りしなさいということだな…」と思い、再訪させて頂き、御朱印をいただくことが出来ました。

 

神明神社 御朱印入れ 20190108

神明神社 御朱印入れ 20190108

神明神社 御朱印と由緒書き

神明神社 御朱印と由緒略記

 

一本北の四条通りには大丸百貨店があり、一本南の通りには佛光寺、更に二本南の通りには因幡薬師(平等寺)があるこの辺り。街中でビジネス街で呉服屋街です。

佛光寺 通りの名にもなったお寺
街中なのに整然とした雰囲気の境内と、重厚な雰囲気の阿弥陀堂と大師堂。その重厚さとは裏腹に、お堂の中は驚くほどの煌びやかさでした。カフェやショップが境内にあり新旧入り交じった佛光寺は、気軽に立ち寄れる立地も魅力的。
平等寺(因幡薬師) 頭に頭巾を置かれたお薬師様。
京都の街中、四条烏丸から徒歩数分で行ける因幡薬師(平等寺/因幡堂)。甲子の日(きのえねのひ)限定で公開される大黒天様に会いに。2016年の秋の京都非公開文化財特別公開の拝観の時の話も。

2000年代始めの頃は半分近く民家だった印象があるのですが、小洒落たお店や宿泊施設ばかりになってきました。徒歩3分ほどの所に住んで居た私としては、昔の面影がどんどん減りつつある風景に、少し戸惑いを覚えます。

 

コメント

Translate »