御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

東寺さんの2017秋季特別拝観に行ってきました。

今年の目玉はライトアップ限定御朱印帳+御朱印2種!

 

今年も東寺さんの紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観に、いそいそと出向いてまいりました。

 

昨年の秋季特別拝観の様子はこちら↓

東寺 2016年の秋期特別拝観(小子房)を振り返る。
東寺 2017秋期特別拝観が始まっています。2016年は小子房と漢頂院と宝物館が公開されました。小子坊のお庭と夜間拝観の様子を振り返りながら、2017年の秋季特別公開の情報を。

 

東寺は京都駅から近いということ、国道1号線に隣接していること、境内の一部が駐車場(有料)となっていることなどの立地条件に恵まれた、観光客が多く集まる世界遺産です。

 

東寺紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観

 

2017年11月21日 夜間特別拝観

 

一回目の東寺紅葉ライトアップと金堂・講堂夜間特別拝観は、週の半ば20時過ぎからの拝観ということもあり、とても人が少なく、ゆっくり見て回れました。

まずは夜間公開恒例、拝観受付になっている東門から入場して、境内に作られたルートを歩きます。

入ってすぐ、宝蔵を水が囲む場所。広い境内ですが駐車場も兼ねているため、石畳の上が歩行者用のルートとされていて、低い位置にロープが貼られています。

夜は水面が鏡面の役割を果たし、非常に綺麗です。

 

2017東寺夜間拝観1121

 

そして、いつも有料区域になっている場所へ。不二桜と五重塔。

 

2017東寺夜間拝観1121

 

東大門。不開門(あかずのもん)とも呼ばれます。この門には足利尊氏が東寺に陣を構えた時、矢が刺さった跡が残っていると言われています。大宮通り沿いに建つこの門。現在は修復のために周辺が覆われていて、大宮通りから見ることは出来ません。

 

2017東寺夜間拝観1121

2017東寺夜間拝観1121の五重塔

 

五重塔の周りを一周し、金堂と講堂へ。講堂の屋根の下には、鳩が。

この日は人が少なく、さらになぜか金堂と講堂を素通りしていく人が多く、金堂・講堂ともにお堂の中には10数人しか人がいませんでした。

東寺の薬師如来さま重要文化財で、薬壺を持っていません。古い年代の薬師如来さまは薬壺を持っていないことが多いそうです。薬師如来さまにお詣りをし、日光菩薩(にっこうぼさつ)さま・月光菩薩(がっこうぼさつ)さまの足元の餓鬼(がき)を眺めながら丸くなっているだろうその姿勢を考えたり、十二神将を数えたり。

 

2017東寺夜間拝観1121の金堂

 

 

2017東寺夜間拝観1121金堂で休む鳩

※○で囲ったところが、鳩。毎晩いました。

 

そして、講堂。東寺の中心にあるこの建物の中には、仏像しかありません。この講堂の中で、弘法大師 空海が表した、曼荼羅の世界。秋季特別拝観の一番の目玉である(と私が思っている)、「曼荼羅世界に入る」では、普段正面と横からしか見ることが出来ない立体曼荼羅の後ろを歩くことができます。

東寺の立体曼荼羅の、光背が映し出す影の中を歩いたり、光背の裏の彫りものを見られたり、背面まで顔があるような多面 多臂の仏像を360度見られるのは、この秋季特別拝観だけです。

この東寺の立体曼荼羅の中のお不動さま、横を睨んでいます。今までなにも疑問に思いませんでしたが、「なんで横を向いてはるん?」という娘の言葉から、「そういえば他のお不動さんは横向いてはったっけ?」と…。

この謎はまだ解けていませんが、いつの日かわかったら、こちらに追記したいと思います。

 

2017東寺夜間拝観1121講堂

 

さて。

今回、金堂・講堂ともに、お賽銭を入れる人の少なさにびっくりしました。東寺の金堂・講堂のお賽銭箱は真ん中のご本尊の薬師如来さまや大日如来さまの真ん前ではなく、少し入り口(東)側にずれたところにあります。正面には供物台がありますので、ご注意を。私がお賽銭を入れた音で「あぁ、こんなところにあったの!」と入れられた方がいらしゃったほど、わかりにくい場所です。

また、手を合わせて拝む人も少ないのが非常に印象的でした。お寺とはそもそも宗教施設ですので、美術館や博物館感覚で見るよりは、一礼し手を合わせるくらいはしておいた方がいいのでは?と思います。

そしてこんな問題も…

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-10000001-mbsnews-l27

 

国によってマナーが異なったり日本語表記と英語表記しかないことも多々あるため、異国の方が知らずにマナー違反を犯すことは多々あっても、国内の人には最低限のマナーは守って頂きたいと思います。

 

2017東寺夜間拝観1121駐車場から

 

2017年11月26日

 

昼間、東寺の近くを通ることがあったので、フラッと無料で拝観できる場所だけお詣りしてきました。

京都市内のあちこちが紅葉の盛り〜盛りすぎとなり、今年一番の紅葉の見頃だったこの日。昼間、14時過ぎの東寺はこんな感じでした。宝蔵近くから、五重塔を。やっぱり夜ほど綺麗に鏡面にはなってくれません。

 

2017東寺1126

 

御朱印がいただける食堂は、中で多くの人が列をなしていました。その人たちの横を通り抜け、十一面観音さまにお詣り。

 

東寺の食堂の十一面観音菩薩さまにご挨拶に伺うと、御朱印をいただく方や御朱印待ちの列に並んでいる方を多く見かけます。
その方々の中に、十一面観音菩薩さまにご挨拶をせずに御朱印の列に並ばれる方がいらっしゃいます。
よそのお宅に伺った時挨拶をせずに家に入ることがないのと同じで、せめてご挨拶をしてから並んで欲しいな、と思います。

 

2017東寺拝観1126

 

2017年11月26日 夜間特別拝観

 

この日、紅葉が一番綺麗だろうと思い訪れてみましたが、すごい人で、入り口でもらえるはずのパンフレットが渡されませんでした。「もしかして、なくなりました?」と聞いたところ、あまりの人の多さになくなってしまったようでした。

日曜日の19時台ということもあり、入り口を入ってすぐの歩行者用に用意された場所では、「撮影を終えた方はすみやかにお進みください」という警備の方の声が。

 

2017東寺夜間拝観1126

 

2017東寺夜間拝観1126

 

ほんの数日の違いで木々の色も違いますが、人の多さも桁違い。この日は金堂も講堂も、並んでようやく入場できる、という状態でしたが、東寺を後にした20時過ぎにはある程度落ち着きを取り戻していました。

 

2017東寺夜間拝観1126

2017東寺夜間拝観1126

 

実は11月22日にも東寺の夜間拝観に行っていたのですが、この日は雨。しかも訪れたのは20時半頃。のんびり拝観出来ました。

どうも東寺の夜間拝観は、20時過ぎくらいからが人の多さがひと段落するようです。21時半まで拝観可能なので、遅めの拝観がおすすめかもしれません。

 

2017年秋季特別拝観 夜間拝観限定御朱印帳+御朱印2種類

 

2017年の秋季特別拝観、ライトアップの時間帯限定で、限定御朱印帳が販売されていました。ライトアップ限定の御朱印帳の中には梵天(ぼんてん)さまと帝釈天(たいしゃくてん)さまの御朱印が書かれた状態で頂きました。対面で書いていただくことは出来ません。また、今回のライトアップでは、弘法大師さまの御朱印が書き置きで用意されていました。

昼間は食堂(じきどう)でいただく東寺の御朱印。ライトアップ時だけは、お土産やさんのカウンターのお姉さんに直接声をかけてください。

ちなみに、お土産やさんには立体曼荼羅の仏像フィギュアなども販売されています(ちょっと似てないものもありました…)

 

2017年の秋季特別拝観、ライトアップ限定御朱印帳

 

蛇腹の御朱印帳にビニールのカバーがかかった、小さいサイズの御朱印帳になります。中の御朱印を意識してなのか、梵天さまが乗っているがちょうと帝釈天さまが乗っている象が織り込まれています。

その他に織り込まれているものは、宝冠、餓鬼、戟、蓮華座、後背(?)、雲座、宝剣、金剛杵、蓮華座、宝塔、金剛鈴といったところでしょうか? すべて講堂の立体曼荼羅に関連した図柄かと思いますが、宝刀や後背などは、私のような初心者向けの説明があったらわかりやすいし、もっと立体曼荼羅を楽しめるのに…と思います。

 

2017東寺秋季ライトアップ限定御朱印帳

 

 

2017年の秋季特別拝観、ライトアップ限定御朱印

 

限定御朱印は、既に日付が入れられた状態で販売されていたので(奥から出してもらいましたが)、1日の販売量は限定されているかもしれません。

表紙の裏から書き始められているため、見開きに梵天さまと帝釈天さまの御朱印となっています。梵天さまにはがちょうの朱印が、帝釈天さまには象の朱印が押されています。そして、金と銀の梵字。梵天さまが作ったと言われている、梵字。如来を梵字一文字で表している工芸品やアクセサリーは見かけますが、天部の方々も一文字で現わせるのかなぁ?まぁ梵天さまが作ったものらしいから当たり前かぁ…と妙に納得しました。(この梵字が本当にそれぞれを一文字で表しているものかどうかさえ、私にはわかりませんが)

 

限定梵天帝釈天御朱印

 

 

ちなみに、こちらの限定御朱印帳、御朱印2つ込みで、2600円(税込)。 御朱印の間紙は、通常のものと一緒でした。

 

2017東寺秋季特別拝観

 

平成25年に東寺の食堂で購入した、御朱印帳、大きいサイズのもの(確か1800円で弘法大師さまの御朱印が書かれた状態でした)と、今回の2017東寺秋季特別拝観ライトアップ限定御朱印帳。

通常、東寺の御朱印帳は1300円~1800円(サイズや柄により値段が異ります。)なので、ライトアップ限定の御朱印帳は少しだけお高めとなっています。

 

東寺 概要 と2017秋期特別拝観時間等

 

夜間拝観料金1000円に値上げされても、東寺の特別拝観は人気です。京都タワーの展望台+お茶券のセット券も販売されていました(11月21日)。

今年は早めの紅葉で、そろそろ市内の紅葉スポットも見納めが近づいています。東寺の秋季特別拝観も、12月10日まで。残りわずかです。夜間拝観はやはりおすすめですが、五重塔の初層や観智院などは拝観できないので、何を優先したいか?という点で、お好きな方へ出向いてみてくださいね。

 

名称東寺
(通称:教王護国寺)
山号八幡山
正式名称金光明四天王教王護国寺秘密伝法院(こんこうみょうしてんのうきょうおうごこくじひみつでんぽういん)
正式名別称:弥勒八幡山総持普賢院
御本尊薬師如来像脇侍/安置仏日光菩薩/月光菩薩
その他敷地内に多数
開基桓武天皇宗派真言宗
所在地京都府京都市南区九条町1
最寄りの公共交通機関近鉄東寺駅から徒歩約8〜15分(どの入り口から入るかにより異なります。)
京都市営バス 東寺東門・東寺南門・九条大宮・東寺西門前
拝観時間等(通常)05:00〜16:30、17:00、18:00
(季節によって変わります。夜間拝観も、一度閉門退出後、再入場になります)
拝観料(通常)拝観料:庭園内(金堂講堂含む)500円
※拝観内容により変動あり・無料で見られる場所もあり
2017 紅葉ライトアップと
金堂・講堂夜間特別拝観 時間
(10/28〜12/10)
18:30~21:30
(拝観受付は21:00まで)
2017 紅葉ライトアップと
金堂・講堂夜間特別拝観 拝観料金
大人 1000円
中学生以下 500円
2017 秋期夜間拝観拝観料大人 500円(宝物館のみ)
9/20〜10/27(金堂・講堂・小子房・宝物館の共通拝観)1,000円
10/28〜11/25(金堂・講堂・小子房・宝物館・五重塔初層の共通拝観)1,300円
11/26〜12/10(金堂・講堂・小子房・五重塔初層の共通拝観)1,000円
セットの入場券は15:30までの販売、拝観受付は16:30までです。

 

東寺の公式サイト 2017秋期特別公開↓

東寺 - 2017秋期特別公開 / SPECIAL EXHIBITION IN SPRING
真言宗総本山 東寺〔教王護国寺〕の公式サイトです。境内・歴史の紹介、特別公開のお知らせ。法要や拝観のご案内。

 

東寺は他にも見どころいっぱい。

東寺縁日-東寺 毎月21日の弘法市と第一日曜のがらくた市【参拝するたび追加しています】
東寺では毎月21日に弘法市とという縁日と第一日曜のがらくた市が行われています。掘り出し物を見つけたり、骨董品を見て廻ったり。過去の写真から、その雰囲気を。
東寺塔頭 観智院 多くの学僧が学んだ真言宗の勧学院
東寺塔頭の観智院(かんちいん)。平成26年から行われていた改修工事が、平成28年に終了しました。改修のポイント、国宝の客殿、唐から詔来したと言われる五大虚空蔵菩薩様、愛染明王様、宮本武蔵筆と言われる画を満喫してきました。
東寺 国宝 御影堂<修理中>
東寺の御影堂(みえいどう)。国宝 太子堂の名でも有名です。ここは弘法大師様が住んだと言われている地。2016年から2019年までひわだ屋根と建物の改修工事中です。あの重厚な空間、公開再開が待ち遠しい!
東寺 2016年の秋期特別拝観(小子房)を振り返る。
東寺 2017秋期特別拝観が始まっています。2016年は小子房と漢頂院と宝物館が公開されました。小子坊のお庭と夜間拝観の様子を振り返りながら、2017年の秋季特別公開の情報を。
東寺の中の鳥居-南大門脇で東寺を守る神様たち
東寺南大門から東寺に入ると、両脇には朱塗りの鳥居が。菩薩様にもなった八幡様と東寺より古くから鎮座する地主神様が祀られています。五重塔を背負った鳥居はなかなかないのでは?

 

立体曼荼羅は、娘も大好き。立体曼荼羅の不動明王像を見て、『あの不動明王の膝で眠りたい』と言った娘も少し大人になり、『あの宝刀!!!』と、所持品などに興味を持つように。
念持仏が不動明王立像の我家に生まれた彼女はやはり、お不動さんに親しみを感じ続けています。

コメント

Translate »