御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

神社

右京区

西院野々宮神社 倭姫命様が心身を清めた場所。

西院野々宮神社は本社である西院春日神社からは徒歩10分ほどにある、西院春日神社の境外社であり、御旅所です。大木に守られた、極めて清浄な空間といった印象を受けました。さすが、心身を清めるための場所だっただけのことはあります。
南区

【再訪】今年の桜は早足!? 2018年、六孫王神社の桜【3/21,25,28,4/8の写真】

楽しみにしていた桜のシーズン。東寺北総門から徒歩数分の六孫王神社に3月21日と3月25日に伺って来ました。4日間でちらほら→5分咲きと、一気に開花が進む、2018年の桜。洛南地区(京都駅より南側)の桜は、3月中が見頃の様です。※3月28日満開の境内,4月8日黄緑の桜の写真追加+追記しました。
下京区

若一(にゃくいち)神社 碁盤の目を歪めるお手植え楠

京都の碁盤の目を歪める、若一神社の楠。その楠を植えたと言われているのは、平清盛公です。若一神社は平清盛公の邸宅跡に作られた神社。立身出世を支えた主祭神の若一王子様に御目通りしてきました。
北区

桜の名所 平野神社は北野天満宮北門から徒歩4分!

平野神社は北野天満宮の北門から徒歩5分弱。様々な種類の桜が植えられている神社です。桜の季節にはお店(桜茶屋)も出て、絵に描いた様な花見が出来る貴重なスポット。数年に一度ほど訪れる神社です。今年は桜を見に、もう一度訪れたい!
上京区

2月25日の天神さん(北野天満宮)に行ってきました。

数年足が遠のいていた、北野天満宮の天神さんの日(25日の縁日)。2月は梅花祭も行われるし、梅花祭野点大茶湯もあるし、今年は日曜日だし梅が咲いて居たら梅園も〜♪と気軽に出向いたところ、歩くのにも困るほどの人人人! さすが、天神信仰の本拠地、色々お見事でした。
中京区

元祇園梛神社 捻れた木に出会いました。

節分の際に伺ったところ、節分の限定御朱印に長蛇の列が…梛神社は祭祀に合わせて拝受出来る、限定御朱印が豊富にあることでも有名な神社。後日改めてお詣りに伺うと、境内にはグルグルと捻れた木が!歴代No.1の捻れ具合でした!
下京区

天道神社 大木に呼ばれて。

京都市下京区の天道神社。壬生寺に向かう途中でフラリと立ち寄った所、節分祭のご接待を受けました。祀られているのは有名どころの三柱。すぐに再訪して、御朱印と由緒書きを頂戴いたしました。天道神社のクスノキは、前回も今回も私を呼んでくれました(笑) ※天道花神事、茅の輪の写真追加しました。
右京区

車折神社 石に願いを。

芸能人の玉垣で有名な、車折神社。実はパワースポットとして数多くの雑誌やテレビ番組でも扱われる程有名なお守り(祈念神石)があるんです。私にも、どうしても叶えたい願いが。祈念神石の拝受の仕方、願掛けの仕方をチェックして、伺って参りました!
伏見区

御香宮神社 名水湧く御香宮は香る水が湧くお宮【2018年4月1日、5月21日 再訪】

京都駅からのアクセスの良さと敷地の広さに加えて、極彩色の割拝殿と多くの神様に御目通り出来る、御香宮神社。伏見区民の知人一押しの御香宮神社に、5月と11月に伺って来ました。【2018年4月1日 再訪・3〜4月の限定御朱印追加】【2018年5月21日 再々訪】
下京区

菅大臣神社 菅原道真公誕生の地、二箇所目。

菅原道真公誕生の地と言われる神社の2つ目として訪れたのは、菅大臣神社。どちらが先とかどちらで生まれた?なんてことを考えるのは野暮なこと。純粋に「へー」と楽しんで参りました。※2018年6月30日、茅の輪くぐりの茅の輪の写真、追加しました。
伏見区

伏見稲荷大社 まずは本殿周辺まで

20年前は夕方になると人が居なくなっていたとは信じられないほど、世界から観光客が訪れてる、伏見稲荷大社。近年は人が多すぎる為に、早朝の参拝がオススメだとか。様々な季節の写真に、数年前のお正月の写真を加えて。
下京区

住吉神社 眼光鋭い狛犬さんが守る神社

京都市下京区にある住吉神社。小さいながらも、和歌の守護神として大阪の住吉大社から勧請された多くの神様を祀る神社です。多くの神様に御目通り出来てラッキー♪と思ってしまった、私。そんな思いを見透かすような目をした狛犬さんたちでした。
下京区

繁昌神社 賑わい栄えた地にある神社

京都市下京区にある、繁昌神社。大人が5人も入れば、ギュウギュウになってしまう程の境内。昔ながらの呉服屋さんが多い場所で繁昌とは、この神社、なかなかのご利益がありそうです。通りがかりにフラリと立ち寄って来ました。
下京区

あの人が敷地を突き抜けさせた、五条天神宮

下京区にある、五条天神宮。五条天神社とも言われています。ここ、大好きなんです。かつて広大な土地を持っていた五条天神宮を突き抜けて区画整備をしたのは、あの人!
京都市外

出雲大神宮 紅葉の残りと御神体の御山

前回叶わなかった磐座へのお詣りと紅葉の残りを求めて、出雲大神宮へ2度目の参拝。様々な形の鳥居を潜り、御神座まで行ってまいりました。それでもまだ、やり残したことが…。
伏見区

桃山天満宮 寺子屋の子供がお参りした「山ノ天神」

伏見区にある桃山天満宮は、御香宮神社の敷地内の参道沿いにある天満宮です。小さいながらも立派な社殿。伏見城に使われていた石が無造作に置いてあるのもポイントです。
伏見区

金札宮 金のお札が降ってきた!?

天太玉命様はお詣りしたことがないなぁ、と思っていた所、伏見区の住宅街の中にいらっしゃることがわかり、いそいそと参拝に出向きました。立派な社殿と有名どころの神様三柱。名前の由来も。
南区

最初に作られた天満宮 吉祥院天満宮

菅原道真公誕生の地と言われる吉祥院天満宮。最初の天満宮とも言われている吉祥院天満宮は、ちえと能力開発のご利益があると言われています。少し足を伸ばしてみては?
東山区

瀧尾神社 東福寺駅から徒歩3分 潜む龍を仰ぎ見る

京都でJRから京阪に乗り換える時に多くの人が利用する、東福寺駅。東福寺駅から徒歩2〜3分の所にある、豪華絢爛な彫刻に彩られた瀧尾神社。乗り換えのついでに足を伸ばしたり、東福寺や泉涌寺へのお詣りの際に立ち寄っては如何ですか?
東山区

新熊野神社 京の熊野古道は熊野信仰が学べる場所

京都市東山区今熊野(いまぐまの)にある新熊野(いまくまの)神社。熊野の名の通り、熊野信仰をぎゅっと凝縮したような場所です。通常の神道とはひと味違う独特の世界を、とても詳しく学べる場所です。
Translate »