御朱印好きさんにアンケート!

御朱印帳の使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

京都大神宮 お伊勢参りが叶わぬ人の為に作られた神社。

京都大神宮 概要

名称京都大神宮
(きょうとだいじんぐう)
勧請/社殿建立明治6年7月/明治8年
主祭神照皇大神 豊受大神
相殿神伊弉諾尊 弉冊尊
八柱大神(神皇産霊神 高皇産霊神 魂留産霊 生産霊 足産霊 大宮売神 御膳神 事代主神)
大地主神 倭比売命 崇敬者の祖霊
境内社/摂社・末社
所在地京都府京都市下京区寺町通四条下る貞安則之町622番
最寄りの公共交通機関阪急京都線 河原町駅下車 → 徒歩約5〜10分
京都市営地下鉄 四条 → 約15分

 

京都大神宮は京都のお伊勢さん⁉️

 

京都市下京区にある、京都大神宮。京都大神宮は京都の中では比較的新しく、由緒がはっきりしています。

明治のご維新を迎え、江戸時代末期より盛んであったお伊勢参りが叶わない人々の為に、全国都道府県に、伊勢神宮が遥拝出来る設備を設けるとともに、伊勢神宮大麻の頒布などを行うことへの要請がありました。

京都大神宮は、当初、伊勢神宮の布教機関であった神宮教の京都教会所に由来し、神宮奉斎会京都地方本部として、創建されました。

明治六年七月、伊勢神宮の内宮・外宮より、天照皇大神、豊受大神の御分霊をお迎えし、諾冊二神、八柱大神、大地主神、倭比売命を配祀、明治八年、社殿を建立しました。

出典:京都大神宮公式サイト-ご紹介

 

そんな経緯を経て建てられた京都大神宮。四条寺町の交差点を南下したところという非常に便利な場所。自動車も自転車も歩行者も多く通る、北行き一方通行のこの辺りの寺町通沿いに、京都大神宮の沿革が書かれた木の板が掲げられています。

京都大神宮 沿革 20190303

京都大神宮 沿革 20190303

 

京都大神宮 境内へ

 

境内に入るとまず目に入るのが、寺町通を見守るかのように西向きに建てられた本殿。立派な本殿なのでそのまま吸い寄せられてしまいそうになりましたが、まずは手を清めに手水舎へ。

京都大神宮 本殿 20190313

京都大神宮 本殿 20190313

 

京都大神宮の手水舎。とても大きな水盤が置かれています。

手水舎(てみずや)の水盤は、太閤秀吉公で名高い、伏見城にあったものを寄進、移築されたと伝わっています。

出典:京都大神宮公式サイト-ご紹介

伏見城跡から直接持ってこられたものなのかどうかは分かりませんが、伏見城の遺構と言われたら納得してしまう大きな水盤。街中ですが綺麗な水が流されていました。

京都大神宮 手水舎 20190303

京都大神宮 手水舎 20190303

 

水盤の後ろには手洗屋形や日丸榊組と掘られた石が置かれていました。京都大神宮自体の歴史が京都の中では新しい方に入るので、これらの石も京都大神宮が創建された明治以降に奉納されたものだと思われます。

京都大神宮手水鉢の奥 20190303

京都大神宮 手水鉢の奥 20190303

 

改めて本殿へ。なだらかな唐破風と金色に輝く桜に目が行ってしまう、京都大神宮の本殿。

本殿は、一条家の玄関及び書院を移築したもので、唐破風の優美さは、日本有数といわれており、この唐破風を模した建築物も作られたと伝えられています。

出典:京都大神宮公式サイト-ご紹介

唐破風はあちこちで見かけますが、これだけバランスよく優美なラインを描く唐破風は初めて。思わず立ち止まり見上げてしまいました。

本殿の北側(向かって左側)には、京都大神宮会館というビルが立っています。この建物内にはレンタル着物やさんが入っています(2019年3月現在)。参拝した日も着付けを終わらせた若い女性が建物から出てきて、店員さんらしき人が本殿前で写真を撮影していました。本殿前で堂々と撮影できるのは、場所柄の役得かもしれません。

本殿の向かって左側(京都大神宮会館側)が授与所となっており、この日も絶えることなく参拝者が訪れていました。

京都大神宮は伊勢まで行けない人のために作られたというだけではなく、日本で最初に神前結婚式を行ったことでも知られているそう。

神前結婚は、明治三十三年、当時の皇太子殿下(後の大正天皇)と九条節子姫(後の貞明皇后)の御成婚に始まります。

宮中において、初めて皇居内の賢所で行われた慶事から、多くの国民から神前結婚への要請があり東京大神宮と当大神宮で祭式を吟味、完成させ、挙行したのが今日に繋がっています。

出典:京都大神宮公式サイト-ご紹介

明治創建という、京都の中では短い歴史ではありますが、初めての神前結婚式の場所に選ばれただけのことはある風格を感じられます。

京都大神宮 本殿 20190303

京都大神宮 本殿 20190303

 

本殿向かって右側には、京都大神宮を信仰する人々により奉納された板書が今でも大切に掲げられていました。掲げられた板書は全てとても大きい上に違う団体の物のよう。深い信仰を集めたことが伺えます。

京都大神宮 梅 20190303

京都大神宮 梅 20190303

京都大神宮 梅 20190303

京都大神宮 梅 20190303

 

本殿の南側(向かって右側)に、小さな祠のようなものがありますが、こちらは過去に伊勢神宮遥拝所として使われていたもの。

本殿の南側に祠がありますが、当初伊勢神宮の遥拝所として建てられたものです。戦争中は、御神体安全のために用いられ、現在は、御神体は入っておりません。

出典:京都大神宮公式サイト-ご紹介

現在は御神体は入っていません、の説明通り、このあたりだけ少し雰囲気が違いました。

京都大神宮 遥拝所前 20190303

京都大神宮 遥拝所前 20190303

京都大神宮 遥拝所 20190303

京都大神宮 遥拝所として使われた祠 20190303

 

京都市内には京都大神宮以外にも伊勢神宮遥拝所がある神社があります。

日向大神宮 京の伊勢 京都からお伊勢さんを拝む遥拝所
日向大神宮 京の伊勢と呼ばれる日向大神宮は時が止まったような空間と静寂に包まれた神社です。境内神社まで参拝すると、多くの神様にご挨拶をすることが出来ちゃいます!
護王神社 新旧入り混じる、イノシシの神社
京都市上京区の護王神社。足腰へのご利益があると言われる護王神社では、神様の使い言われるいのししがあちこちに。狛いのししに拝殿の柱の足元、コレクションも。駐輪スペースは喜多門(北側の門)を入った右手、護王会館の横です。

 

京都大神宮の御朱印

 

京都大神宮で頂いて来た御朱印。京都大神宮は期間限定も含めて御朱印の種類が多く、私が参拝した日も8種類が紹介されていました。その中から常時拝受できる御朱印と、三月の御朱印を頂いて来ました。月替わりの御朱印は書き置きのみの対応のようでしたが、お願いした時に「大きいサイズと小さいサイズ、どちらになさいますか?」と。書き置きのサイズを選ぶことができたのはお寺・神社合わせても初めてのこと。それだけ参拝者のことを考えてくださっていると思える出来事でした。サイズだけではなく毎月用意されている限定御朱印や可愛いキャラクターの巫女さんの御朱印など、訪れるたびに拝受する楽しみがありそうです。

京都大神宮 御朱印

京都大神宮 御朱印

 

あまり興味が湧かなかったために拝受しなかった、京都大神宮のキャラクター(?)の巫女さんのグッズ。御朱印に含まれていたり御朱印帳にクリアファイルに、と大活躍のようでした。

京都大神宮 しおり 20190303

京都大神宮 しおり 20190303

 

京都大神宮へお詣りしたあとは…?

 

京都大神宮を出たあとは、徒歩1分ほどで辿り着ける火除天満宮への参拝がオススメ。下の写真の赤い場所が、火除天満宮の入り口です。

京都大神宮と火除天満宮の前を走る寺町通。この辺りは北行きの一方通行、四条-御池通間はほぼ車両進入禁止です。この辺りは常に混雑しているので、歩いた方が早いかもしれませんね。

京都大神宮前を南北に走る寺町通 20190303

京都大神宮前 寺町通 20190303

火除天満宮 ビルと湧き水が作り出す心地よい空間。
京都市下京区。京都一番の繁華街の中、ビルの横に設けられた参道の奥に祀られている火除天満宮。近代的な建物に設けられた参道とその奥の本殿と。ミスマッチに思えそうなこの組み合わせも湧き水のお陰でとても心地よい空間となっていました。

 

繁華街なので交通手段は多くあり、この後どこの寺社へも向かうことが出来ますが、私は四条通から寺町通の隣の新京極通を北上し、新京極御朱印巡りをするのがオススメです。

京都に住んでいると年に数回は訪れる繁華街近辺にあるので、また伺おうと思っています。伺うたびに違う御朱印がいただけるのも、再訪したくなるポイントですね!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました