御朱印好きさんにアンケート!

御朱印帳の使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

轉法輪寺 関通さんの京都教区浄土宗寺院特別大公開。

轉法輪寺は通常は非公開寺院です。
公開に関する情報は轉法輪寺公式サイトにてご確認ください。

轉法輪寺 概要

名称轉法輪寺
(てんぽうりんじ)
山号獅子吼山
御本尊阿弥陀如来座像脇侍/安置仏
開基関通上人宗派浄土宗知恩院派
札所
所在地京都市右京区竜安寺山田町2
最寄りの公共交通機関京福北野線 御室仁和寺駅/妙心寺駅 → 徒歩約12分
京都市営バス 御室仁和寺停 → 徒歩約10分
京都市営バス 塔ノ下バス停下車 → 徒歩約7分
拝観時間等通常非公開拝観料(通常)通常非公開
令和元年度京都教区浄土宗寺院特別大公開(轉法輪寺)
開催期間
拝観受付時間
10月18日~11月24日
10時~16時
拝観料300円

現存する、京都で一番大きな阿弥陀さまに会いに。

 

京都市右京区にある轉法輪寺。普段は非公開の轉法輪寺ですが、10月から行われていた京都教区浄土宗寺院特別大公開で公開されていたので伺ってまいりました。

轉法輪寺10月18日~11月24日
※法要等により予定変更あり
10時~16時

御室大佛と様々な木魚たち。大佛さまの前で木魚を叩きながら一緒にお念仏をお称えしませんか?詳しくはHPをご覧下さい。 拝観料300円 【朱印(特別限定朱印300円)】

京都市右京区竜安寺山田町2

出典:(C)浄土宗京都教区教化団 京都教区 寺院特別大公開 公式サイト-公開寺院について

轉法輪寺は仁和寺と蓮華寺の間の道を上がり、少し脇道に入ったところにあります。この日は公開に合わせて要所要所に特別大公開の案内のポスターが貼られており、迷うことなく辿り着くことができました。鐘楼門へはこの「関通 轉法輪寺」と書かれた石柱の手間に右手に曲がる歩行者用の通路が用意されています。

轉法輪寺 寺号石柱 20191124

轉法輪寺 寺号石柱 20191124

転法輪寺|【京都市公式】京都観光Navi
カテゴリ別観光情報。京都にある観光情報をカテゴリ別にご用意しました。行きたいスポットへは、エリアで検索できる機能が便利です。

 

轉法輪寺 境内へ鐘楼門からと山門から。

 

轉法輪寺でまず目に飛び込んでくるのは竜宮門の鐘楼門だろう…と思っていた私の期待を大きく裏切り、まず目に飛び込んで来たのは、鐘楼門前の駐車場脇の大きな見事な紅葉。白い鐘楼門と真っ赤に染まった紅葉。見事なコントラスト…と思いきや、駐車中の車を避けて紅葉と鐘楼門の写真を撮ろうとあちこちしていたら、鐘楼門がほとんど隠れてしまいました。

※鐘楼門の前は寺号の石柱から鐘楼門まで一部を除き月極駐車場になっています。ご注意ください。

轉法輪寺前の紅葉 20191124

轉法輪寺前の紅葉 20191124

轉法輪寺 鐘楼門 20191124

轉法輪寺 鐘楼門 20191124

 

鐘楼門の前にはここまで要所要所に置かれていた特別公開のポスターと京都教区浄土宗寺院特別大公開の目印の旗。轉法輪寺の京都教区浄土宗寺院特別大公開は、他の寺院より断然長い1ヶ月以上に渡り行われていました。

轉法輪寺 特別公開案内 20191124

轉法輪寺 特別公開案内 20191124

 

鐘楼門の中には、山号である獅子吼山(ししくさん)の額。鐘楼門というだけあり、この門の中で上を見上げると、天井が格子状になっており、鐘を下から見上げることができます。

轉法輪寺 鐘楼門の額 20191124

轉法輪寺 鐘楼門の額 20191124

 

寺号が彫られた石柱のところで曲がらずに道なりに進んでも、境内に入ることができます。こちらから入っても、見事な紅葉がお出迎えです。

轉法輪寺 山門 20191124

轉法輪寺 山門 20191124

轉法輪寺 境内 20191124

轉法輪寺 境内 20191124

轉法輪寺 境内 20191124

轉法輪寺 境内 20191124

轉法輪寺 手水鉢 20191124

轉法輪寺 手水鉢 20191124

 

2つの門からの道が交わる辺りでは、山萩でしょうか…?季節に応じたお花が楽しめるお庭になっていそうですが、通常は非公開なお寺、楽しめるのは檀家信徒さんたちだけです。

今回の京都教区浄土宗寺院特別大公開の入口は本堂の横。拝観料を支払い御朱印帳を預け、本堂へと上がらせていただきました。

轉法輪寺 境内 20191124

轉法輪寺 境内 20191124

 

轉法輪寺 本堂へ。

 

轉法輪寺さんの本堂に入りすぐに目に飛び込んで来たのは、御室大仏と呼ばれる高さ7.5mの御本尊阿弥陀如来坐像もですが、それよりも手前に置かれた大きな木魚とバイを叩く人。重さと長さのバランスからか、中央をリズムよく叩くのは、男性でも軽々とはいかないようでした。

轉法輪寺 大木魚 20191124

轉法輪寺 大木魚 20191124

 

轉法輪寺さんの本堂内は至る所に説明が用意されていたため、じっくり見せていただくことができました。

轉法輪寺 大木魚 20191124

轉法輪寺 大木魚 20191124

 

そして、御本尊の御室大仏様こと阿弥陀如来坐像。この頃には本堂は貸切状態、正面に座らせていただき、じっくりとお詣りさせていただきました。御本尊の前には轉法輪寺の写真撮影に対するお知らせが置かれていました。簡単に言うと「撮影OK。SNSもOK、良かったらハッシュタグ付けてね。人物を写さないように。他の人を悲しくさせないように」という感じ。大仏様並みの器を感じずにいられません。ということで、普段は御本尊や堂内はあまり撮影しないのですが、今回は遠慮なく撮らせていただくことに。

轉法輪寺 御本尊 20191124

轉法輪寺 御本尊 20191124

 

一頻り本堂内をウロウロさせていただいたところで、御住職のお話を伺いました。
・一本の木から作った木魚で日本で一番大きなものは北海道のお寺のもので130cmほど。轉法輪寺のものは日本で二番目の大きさで台湾で作られたもの。
・今回の公開中大木魚が少し破損したけれど、多分真ん中を叩けなかったのであろう。形あるものは壊れるから仕方ない。木魚の真ん中を奥に押すように叩いてください。
・飾ってある木魚は黒檀のものや蓮の花の形をしたものなど。黒檀のもののうちの1つは手彫り。相当硬い木だけど綺麗にくり抜いてある。
・木魚が魚の形をしているのは、昔、魚は寝ないと考えられていたから。寝る間を惜しんで修行に精進しなさいということ。真ん中に丸いたまがあるけれど、それは煩悩と言われている。木魚を叩くことで煩悩をどんどん出していただきたい。
・皆さんの手前に置いてある木魚、(一つを指し示して)これなんかは江戸時代のもの。
・木魚はどれも音が違うから、色々叩いて好みの音を探して見てください。私も修行の時に南無阿弥陀仏の言いやすい音程を探すように言われました。
・いつもより内陣を1mほど狭くして、より大仏さまに近づいていただけるようにしている。
・御本尊は木造。襞のように見えるのは、服の皺。轉法輪寺の御本尊は首元まで服を着ている。ここまで服を着ている阿弥陀様は珍しいのではないか?
・御本尊手前左側に掛かっている絵は二河白道図。轉法輪寺にはこれしかなかった。
・ここに描かれている人の目の前に突然河が現れた。河の南側、赤い方は火。北側の青い方は水。後ろには盗賊や猛獣が描かれています。赤い方は怒りや憎しみ、青い方は欲を表しています。前には一本の白い道があり、東にはお釈迦様、西には阿弥陀如来が描かれている。背中からお釈迦様に進むように言われ、阿弥陀様においでと言われている。
・御本尊の阿弥陀様の前に、お釈迦様がいらっしゃいます。裏堂にいらっしゃったお釈迦様。
・この夏、本堂を畳から板に変える改修工事を行った際、御本尊の前からまっすぐな板を入れて二河白道を表した。お釈迦様の横の赤と青で描かれた作品は近所の芸術家の方の作品で一辺が3mを超えるもの、描かれた点は一万を超えるのではないか?二河白道を表した板の両脇の絨毯も赤と青にした。
・どうかお釈迦様にお詣りした後、その板の上を通って御本尊にお詣りして二河白道を体験してみてください。

ざっくりと覚えている内容は以上になります。他にも、大木魚の細かな説明や飾られた木魚の話、骸骨のような木魚の話、板材の話や二河白道の所に使われた板材の長さなどなど…様々な方面から詳しいお話を聞かせていただきましたが、どうしても気になるものを見つけてしまい、少し上の空で聞かせていただきました(ごめんなさい)。

 

御室大仏の印相と本堂内の様子

 

御住職のお話を伺った後で改めて本堂を拝見させていただきました。

光の関係でどうしても綺麗に撮影できなかった、お釈迦様。こちらで一度お詣りをして、二河白道の上を歩き御本尊の阿弥陀如来坐像「御室大仏」様へお詣り。どちらかにお詣りをしている間はどちらかにお尻を向けてしまうよなぁ…という点だけは少し気になりましたが、多分問題ないのでしょう。

轉法輪寺 本堂 釈迦如来立像 20191124

轉法輪寺 本堂 釈迦如来立像 20191124

 

法話の中でお伺いしたように、確かに首元までしっかりと服を着込んでいらっしゃるのがわかります。

轉法輪寺 本堂 20191124

轉法輪寺 本堂 20191124

 

堂内の絨毯はこんな感じで、しっかりと赤と青。1人1人に木魚が用意されていて、自由に叩かせていただきました。

轉法輪寺 本堂 20191124

轉法輪寺 本堂 20191124

 

御住職のお話にあった、黒檀の木魚は左側の黒っぽい3つ。この木魚も全て叩かせていただけました。

轉法輪寺 木魚 20191124

轉法輪寺 木魚 20191124

 

御住職のお話の最中、御住職の後ろの御本尊ばかり見ていた私。視線の先は、御室大仏の印相。上品上生かと思われる印相ですが、印相の形はさておき、非常に美しい手をなされているなぁ…と、そればかり気になってしまいました。

ということで、お話の後で御室大仏の手をじっくりと拝見。

轉法輪寺 本堂 釈迦如来像 印相 20191124

轉法輪寺 本堂 釈迦如来像 印相 20191124

 

そのまま裏堂へ。ちなみに、157㎝の私の目線ではこんな感じ。大仏様の蓮台座〜お膝元辺り。

轉法輪寺 御本尊 目線の高さ 20191124

轉法輪寺 御本尊 目線の高さ 20191124

 

裏堂もしっかり拝見させていただけるお寺は数少ないかと。袴を履いた裸形の阿弥陀如来立像。日本5体の一つで賢問子(けんもんし)作と伝わると書かれています。他にもずらりと並ぶ仏像もじっくりと拝見させていただきました。

裸形阿弥陀の伝承裏付け「室町」記述の巻物発見 京都・転法輪寺|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞
京都市右京区竜安寺の転法輪寺は7日、本堂裏側に安置している「裸形阿弥陀如来立像」の由緒を書いた巻物が見つかったと発表した。室町時代作と言い伝えられてきた像で、同寺は「伝承を裏付ける文書が見つかった」としている。 裸形阿弥陀は鎌倉時代以降に多く作られたとされ、像に衣や袈裟(けさ)などを着せて安置する。同寺の裸形阿弥陀は戦...
轉法輪寺 裏堂の仏像 20191124

轉法輪寺 裏堂の仏像 20191124

 

裏堂から本堂に戻っても、やっぱり気になるのは御室大仏の手。本当に綺麗な手。

轉法輪寺 本堂 釈迦如来像 印相 20191124

轉法輪寺 本堂 釈迦如来像 印相 20191124

 

轉法輪寺 拝観後に甘茶の御接待をいただきました。

 

拝観後、「どうぞこちらへ」の声に誘われ、本堂玄関から続く渡り廊下で甘茶をいただきました。秋も深まった時期の拝観ということで、渡り廊下にはビニールの覆いがされ、暖かい空間が用意されているという心遣い。

轉法輪寺 本堂横の梵鐘 20191124

轉法輪寺 本堂横の梵鐘 20191124

 

お庭の撮影のためでしょうか?一部だけビニールの覆いがされていない場所も。紅葉からドウダンツツジへと続く様々な赤が非常に綺麗でした。一段高くにいらっしゃるのは立像のお地蔵さまでしょうか…?

轉法輪寺 中庭 20191124

轉法輪寺 中庭 20191124

轉法輪寺 渡り廊下から 20191124

轉法輪寺 渡り廊下から境内を 20191124

 

ビニールがかけられていたため、少しぼやけた写真になってしまいましたが、紅葉が見事なお庭。手前には寝転がったお地蔵様や片足を前に出し、今にも立ち上がりそうなお地蔵様など、なんとも愛らしい表情のわらべ地蔵らしき像が置かれていました。

轉法輪寺 中庭 20191124

轉法輪寺 中庭 20191124

 

好きな所に座らせていただき、お庭を見ながら甘茶と優しい甘さの御煎餅をいただきました。お寺でいただく甘茶はしっかりと濃く、美味しく感じます。御接待してくださったのは、御住職のお母様とのこと。本当に家族で守られているお寺だと実感します。撮影に関しても「文化財じゃないからいくらでもどうぞ」「次は涅槃図公開があるから、お近くならまた来てね」と。ありがたいお心遣いです。

轉法輪寺 甘茶 20191124

轉法輪寺 甘茶 20191124

 

渡り廊下の上、本堂側には木魚の原型となったと言われる開梆(かいぱん)も。こちらも叩かせていただけました。こんな大きな煩悩が出て行ってくれたら、少しは私の頭の中も楽になるかもしれません。

轉法輪寺 本堂横の開梆 20191124

轉法輪寺 本堂横の開梆 20191124

 

甘茶をいただき開梆を叩かせていただき、受付で御朱印帳を受け取って、今回の参拝は終了です。帰り道、境内に水琴窟と万両を発見。耳を澄ましてみましたが、この日は残念ながら入れ替わりで渡り廊下に入られた団体さんの声に掻き消されてしまいました。

轉法輪寺 水琴窟と万両 20191124

轉法輪寺 水琴窟と万両 20191124

 

轉法輪寺でいただいた御朱印。

 

轉法輪寺では直書き1種と令和元年秋の特別大公開の為に用意して頂いた書置き御朱印4種を頂いてまいりました。受付には宗紋を施したエンボッサーが用意されており、書置きの御朱印に自由に押すことができるようになっていました。お忙しい中でも直書きに対応していただけたのが、嬉しい心遣いです。今後は人気に拍車がかかることが予想されますので、今後の公開時も直書きのご対応をいただけるかどうか…微妙なところかと思われます。無理のない範囲で続けていただきたいものです。

轉法輪寺 御朱印 20191124

轉法輪寺 御朱印 20191124

轉法輪寺 御朱印 20191124

轉法輪寺 御朱印 20191124

轉法輪寺 御朱印 20191124

轉法輪寺 御朱印 20191124

 

内陣拝観かと思うほど非常に近くまで近寄らせていただけた轉法輪寺の特別大公開。特別公開の期間中なんどもお話をされてきたのであろう御住職。京都教区浄土宗寺院特別大公開では御住職自ら説明していただけることが多く、非常に貴重な機会でした。轉法輪寺の御住職のお声もお話のテンポも非常に心地よく、法話という堅苦しい雰囲気は一切ありませんでした。色々な心遣いをしっかり感じられた、ありがたいお詣りとなりました。

轉法輪寺は通常は非公開寺院です。次回予定は大涅槃図公開です。
公開に関する情報は轉法輪寺公式サイトにてご確認ください。

二河白道のお話の最中、最近どこかで二河白道図を見たなぁ…と記憶を辿ったところ、同じく京都教区浄土宗寺院特別大公開で伺った、龍岸寺さんでした。

龍岸寺 超十夜祭 2018/10/13〜2018/11/18と令和元(2019)年浄土宗寺院大公開
京都市下京区にある龍岸寺。アイドルが居たり掲示板に書かれた言葉が面白かったり、色々話題豊富な龍岸寺。10月13日(土)~11月18日(日)の間、「超十夜祭」と名付けられた十夜法要を軸としたイベントが行われています。イベント時以外は非公開寺院だったような記憶に、この機会を逃しては!と、伺って来ました。※令和元(2019)年浄土宗寺院大公開でいただいた御朱印を追加しました。

実は轉法輪寺の御本尊の阿弥陀如来坐像は北野から御室へ移動してきたという、珍しい経歴をもつ大仏様。その辺りは以下のサイトでご確認ください。

 

仁和寺や蓮華寺と近いのに宗派が違ったのも、移動してきたためかと思います。色々と大きな心の轉法輪寺さん。これだけのものをご家族と檀家信徒さんだけで守られるのは、本当に大変なことだろうと思いました。文化財に指定して助成して欲しいような、そうなったら少し遠い存在になってしまうような、複雑な気分です。

絶対にまた伺います。

轉法輪寺さんから徒歩5分くらいの所には、蓮華寺と世界遺産の仁和寺が。これだけで1日過ごせそうな御室地区です。

蓮華寺(右京区) 京都を見守り続ける五智如来像。
京都市右京区にある蓮華寺。世界遺産仁和寺のお隣にあるお寺です。夏の土用の丑の日頃になると、ローカルニュースなどでも紹介される「弘法大師が行なったと言われる病気平癒を祈願するきゅうり封じ」が有名なお寺です。蓮華寺境内には大きな石造の五智如来像が京都を見下ろすかのように祀られており、夏以外でも見応え十分です。
世界遺産 仁和寺2019年の秋-東門から金堂へ-
京都市右京区にある世界遺産仁和寺。1ヶ月半ぶりに立ち寄り黒猫の御朱印を拝受してまいりました。1ヶ月半の間に境内はすっかり秋模様に。2019年の紅葉は木々の個性が出ている気がします。※撮影はスマホのカメラです。色調は肉眼で見た色に近くように補正しています。

コメント

スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました