お願い

参拝・巡礼・観光は、通勤通学近隣住民を優先し、
現地では掲示されたルールを守ってください。
撮影禁止拝観不可等新たなルールが追加されていることがあります。

【泉涌寺】御寺と称される、月輪山山麓の皇室の菩提所

御寺 泉涌寺 概要

名称 泉涌寺(せんにゅうじ) 山号 東山(とうざん)
泉山(せんざん)
御本尊 釈迦如来
阿弥陀如来
弥勒如来
安置仏 阿弥陀如来坐像(海会堂)
開基 弘法大師(泉涌寺公式サイトより)
※諸説有り
宗派 真言宗泉涌寺派
札所 真言宗十八本山 第8番
洛陽三十三所観音霊場 第20番
京都十三仏霊場 第6番
泉山七福神巡り 番外
所在地 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
最寄りの公共交通機関 東福寺駅(JR奈良線/京阪電鉄)→徒歩10〜15分
京都市営バス泉涌寺道バス停下車→徒歩7〜10分
拝観時間等 9:00~17:00
9:00〜16:30(12月1日〜2月末) 
拝観料(通常) 伽藍拝観:大人500円
中学生以下300円
特別拝観:大人300円

多くの皇族が眠る、皇室の菩提寺

泉涌寺総門横の看板

東山三十六峯の一つ、月輪山の山麓に泉涌寺(せんにゅうじ)があります。泉涌寺は皇族ゆかりのお寺ということで、御寺(みてら)泉涌寺と呼ばれています。泉涌寺大門

※御寺 泉涌寺 大門

泉涌寺の総門から塔頭の並ぶ坂を登り、登りきった所に泉涌寺の大門があります。

江戸時代初頭の御所の門を移築したこの大門は、重要文化財に指定されています。大門を潜った所で伽藍拝観料(大人500円/中学生以下 300円)を支払い、拝観開始です。

楊貴妃観音堂 美人祈願+良縁祈願

大門を潜り左を見ると、宝物館の心照殿と楊貴妃観音堂があります。

楊貴妃観音堂の堂内には、楊貴妃観音をX線で調べた所胎内に五輪塔が内包されていて、更にその五輪塔の中には仏舎利と思われるものが3粒写っていた、という説明がX線写真と共に書かれていました。

堂内はそれほど明るくないのですが、楊貴妃観音様のお姿はしっかりわかる程度の明るさはあります。楊貴妃をモデルに香木を使い寄木造りで作ったと言われる楊貴妃観音様。その憂いのある表情はとても魅力的です。

楊貴妃観音様には縁結びや美人祈願にご利益があり、結婚した人も多いとか。

楊貴妃観音堂

楊貴妃観音堂の駒札

楊貴妃観音堂の駒札

毎年成人の日に行われる泉山七福神では、塔頭の七福神+楊貴妃観音様(+新善光寺の愛染明王様)にお詣りするのが慣例となっていて、七福神の祀られていない泉涌寺にも多くの人が立ち寄ります。

仏殿へ

泉涌寺

仏殿を見下ろしながら綺麗に整備された砂利道を歩いて行きます。見下ろすお寺というのは、私は泉涌寺以外は記憶にありません。そして、他のお寺に比べて非常に黒いという印象を受けます。

参道を下りきる頃、参道右側に浴室が建っています。立札の説明には古式の蒸し風呂と書かれていますが、内部は拝観出来ません。優美な造りと書かれているだけに、余計に気になります。そして、泉涌寺の名前の由来となった名水泉涌水が今も湧き出る水屋形があります。

泉涌寺仏殿です。参拝中の方と比べるとその建物の大きさがわかると思いますが、大きな仏殿です。仏殿も重要文化財です。

泉涌寺 仏殿

泉涌寺 仏殿

仏殿の中は広い土間になっていて、釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三体の御本尊が横並びに祀られています。脇侍ではなく御本尊が三体並んでいる姿は珍しいな、と思っていたら、公式サイトに説明がありました。

 仏殿内陣には運慶作と伝える阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏が安置され、過去・現在・未来の三世にわたって人類の平安と幸福を祈る人々の信仰を集めている。
このような形式の安置方法は日本には少なく、俊芿律師が留学した南宋仏教の影響で、宋代仏教の伝来を担う泉涌寺にふさわしい本尊である。

出典:御寺泉涌寺 公式サイト-仏殿

泉涌寺駒札

仏殿の天井には、狩野探幽が描いた龍の図があります。雲龍図と呼ばれるお寺の本堂の天井に描かれた龍。京都で見かける多くの雲龍頭は丸の中に描かれていますが、泉涌寺の雲龍頭は長方形の中に描かれています。仏殿内はルートが設定されているためそのまま裏に出るのですが、三尊仏が祀られている背後の壁の裏の白衣観音図も狩野探幽が描いたもの。

 

泉涌寺 仏殿と舎利殿

仏殿の後ろには、舎利殿が建っています。この舎利殿には、お釈迦様の歯の部分が祀られていて、普段は非公開ですが、辰年に特別公開が行われているそうです。仏殿の濃茶と舎利殿の白壁は対照的です。

泉涌寺舎利殿

霊明殿から月輪陵へ。

舎利殿から左に向かうと、霊明殿があります。

霊明殿では歴代天皇の位牌が祀られていて、今でも毎日御回向が行われています。

泉涌寺霊明殿

霊明殿の唐門の壁の五本線、しっかりと意味があります。

Tips!

この線は定規筋(じょうぎすじ)といい、定規筋がある壁は筋壁(筋塀)と呼ばれています。

皇族や摂家などの御所に用いられた。皇室に由来する格式を表し、その格式の高さにより三本、四本、五本の種があり、五本を最高とする。皇族や摂家が入寺した門跡寺院などでも用いられその権威の象徴となったが、用材を下げ渡すという名目で由緒寺院などに与えられることがあり、直接の由緒をもたない寺院でも使用されていることがある。

出典:wikipedia-筋塀

京都検定の勉強をしていると避けて通れない、筋壁の定規筋の本数の話。京都のお寺をブラブラしていると五本線の入った壁があるお寺を多く見かけます。今では三本線、四本線の残っている壁を見つける方が難しいかもしれません。通りかかったお寺の壁の線が五本だったら、是非立ち寄ってみてください。(過去も含めて)権威の高い寺院である可能性大です。

 

泉涌寺は皇族方が眠るお寺なので、当然五本線です。

唐門から覗いた霊明殿。きらびやかではないですが、豪華な造りであることは一目瞭然です。きらびやかさがない分、周囲の景色やかけられた御簾などから、時代をさかのぼったかの様な印象を受けます。泉涌寺霊明殿また、泉涌寺ではあちこちに菊の紋を見かけます。霊明殿の唐門にも、豪華な彫物の中に大きく菊が彫られていました。この他、屋根の上や屋根瓦など、あちこちに菊の御紋を見つけることが出来ます。

泉涌寺霊明殿

霊明殿の後ろには、月輪陵(つきのわのみさぎ)があります。ここにはこんなに多くの皇族方が祀られています。

宮内庁による天皇陵の説明

本坊、御座所と御座所庭園

霊明殿と並んで、本坊と御座所があります。泉涌寺の御朱印は本坊の入り口で拝受します。

御座所は特別拝観となり、本坊入り口で拝観料を支払います。室内は撮影禁止です。実際に皇族の方が利用している写真と共に、室内の説明がされています。海会堂や霊明殿も繋がっているそうで、海会堂の入り口を見ることが出来ます。海会堂の入り口の土蔵の扉が見られるのですが、非常に分厚く、如何に大切なものが祀られているのか?ということが見て取れます。

御座所庭園は広い庭ではありませんが、手入れの行き届いた庭や車寄せ、秋には紅葉が見事です。近くの東福寺の紅葉程人が押し寄せないので、紅葉の穴場と言えるかもしれません。

泉涌寺本坊

ひっそり佇む鎮守社

一度目に伺った時には気がつかなかった階段を登ると、そこには鎮守杜が。本当にひっそりと静かに、という言葉が相応しい空間でした。

以前の公式サイトでは紹介されていませんでしたが、2017年にリニューアルされた公式サイトによると、ここには稲荷大明神が祀られているそうです。

これだけのお寺をずっと守り続けて来た鎮守杜。そのお力は計り知れないものがあります。

泉涌寺鎮主守

2018年、少し早い紅葉の様子

泉涌寺塔頭の新善光寺展を訪れた時に行われていた、泉山七福スタンプラリー。スタンプを集めて泉涌寺へも立ち寄りました。

【泉涌寺塔頭】新善光寺 2018年秋の新善光寺展へ。
東山区にある、新善光寺。泉涌寺のお山の中で唯一お詣り出来ていなかった、新善光寺。寺宝の公開が行われるとのことで参拝してまいりました。※2019年11月、新善光寺の門前に車止めが置かれていなかったので再訪し、御朱印も頂いて参りました。
【泉涌寺塔頭】戒光寺 秋の戒光寺内陣特別参拝-2018年11月17日~25日
京都市東山区にある、戒光寺。泉涌寺の総門の中、泉涌寺道沿いに戒光寺の山門があります。泉涌寺塔頭寺院の中で常に公開していて、常に参拝者がいる印象があります。今回、秋の戒光寺内陣特別参拝ということで伺ってまいりました。過去何度かお詣りした時の写真と一緒に。

まずは、大門を入ってすぐ左手にある、楊貴妃観音様へ。この日、泉涌寺の中で一番混雑していたのが、美人+良縁祈願のご利益があると言われるこの楊貴妃観音様。多くの女性が熱心にお詣りしていました。

楊貴妃観音堂の手前には、手水鉢と願掛け地蔵様。こちらのお地蔵様もご利益がありそうです。

楊貴妃観音前手水鉢

楊貴妃観音前手水鉢 20181119

綺麗に整えられた参道、奥の御座所庭園の紅葉が遠目でもよくわかるほど色づいていました。

泉涌寺 仏殿 20181119

泉涌寺 仏殿 20181119

泉涌寺 仏殿 20181119

泉涌寺 仏殿 20181119

御座所庭園の紅葉に合わせてなのか、もみじ祭に合わせてかはわかりませんが、境内には菊の展示と茶店が。テントはともかく、毛氈が本当によく似合う景色です。

泉涌寺 本坊・御座所入り口 20181119

泉涌寺 本坊・御座所入り口 20181119

2019年11月、再々訪。

塔頭寺院の護摩供のあとに訪れた、泉涌寺。相変わらず静か…かと思いきや、泉涌寺と関わりのある新宗教のイベント前日ということで、いつもと少し雰囲気が違いました。

泉涌寺 大門 20191103

泉涌寺 大門 20191103

2019年は紅葉が非常に遅く、一番色付いている木でもこの程度。

泉涌寺 20191103

泉涌寺 20191103

泉涌寺 20191103

泉涌寺 20191103

本坊入り口辺りから御座所を見ても色付きは見受けられません。が、美しい屋根に思わず立ち止まりました。

泉涌寺 御座所の屋根 20191103

泉涌寺 御座所の屋根 20191103

御寺 泉涌寺 御朱印

泉涌寺の御朱印は本坊入り口で頂くことが出来ます。泉涌寺塔頭寺院の善能寺の御朱印や楊貴妃観音堂の御朱印も、泉涌寺の本坊入り口で頂くことが出来ます。

泉涌寺御朱印20160922

泉涌寺 御朱印 20160922

2019年11月、洛陽三十三所観音霊場の御朱印を頂きました。大門横の楊貴妃観音様の御朱印。拝観料を支払った際に頂いたパンフレットは、表面だけでなく中身も少し変更されていました。

泉涌寺 洛陽三十三所観音霊場 御朱印 20191103

泉涌寺 洛陽三十三所観音霊場 御朱印 20191103

※御朱印は変更される可能性があります。

泉涌寺は塔頭も含めて拝観に半日くらい時間が必要です。月輪山の麓から塔頭寺院をお詣りしながら泉涌寺を目指すのも一興です。成人の日に行われる泉山七福めぐりや春分/秋分の日、勤労感謝の日辺りには、各寺院で特別公開や法要が行われています。

【泉涌寺塔頭】即成院 様々な楽器を持った、等身大の仏様の楽団。
御寺泉涌寺(みてらせんにゅうじ)総門横にある、泉涌寺塔頭の即成院(そくじょういん)。阿弥陀如来様と25体の菩薩様がそれぞれ楽器を持って笑顔で佇み、極楽浄土へのお迎えの瞬間を表しています。本堂の奥には那須与一のお墓も。
【泉涌寺塔頭】今熊野観音寺 秋分の日は京都で四国八十八箇所お砂踏法要を
御寺 泉涌寺 塔頭の一つ、今熊野観音寺。熊野信仰とも繋がりのある今熊野観音寺では、9/21〜23の間、室内で四国八十八箇所お砂踏法要が行われています。お彼岸に合わせて行われる参加しやすいお砂踏法要。お遍路に行きたいけど行けない忙しい人は、是非!【随時追記しています。】
【泉涌寺塔頭】新善光寺 2018年秋の新善光寺展へ。
東山区にある、新善光寺。泉涌寺のお山の中で唯一お詣り出来ていなかった、新善光寺。寺宝の公開が行われるとのことで参拝してまいりました。※2019年11月、新善光寺の門前に車止めが置かれていなかったので再訪し、御朱印も頂いて参りました。
【泉涌寺塔頭】戒光寺 秋の戒光寺内陣特別参拝-2018年11月17日~25日
京都市東山区にある、戒光寺。泉涌寺の総門の中、泉涌寺道沿いに戒光寺の山門があります。泉涌寺塔頭寺院の中で常に公開していて、常に参拝者がいる印象があります。今回、秋の戒光寺内陣特別参拝ということで伺ってまいりました。過去何度かお詣りした時の写真と一緒に。
【泉涌寺別院】雲龍院 静けさを味わう
京都市東山区にある、泉涌寺別院の雲龍院。こちら、静かな泉山の中でも一際大人の雰囲気漂うお寺です。シンプルながら計算された色紙の景色や悟りの窓がある書院、書院から眺める四季折々に楽しめるお庭、霊明殿に龍華殿。普段よりおしとやかに歩きたくなるのは、私だけでしょうか?

泉涌寺の近くには宮内庁の事務所もあり、皇室との関わりの深さを感じずに居られません。天皇陵には、御朱印のような陵印と呼ばれるものがあります。泉涌寺近くの月輪稜墓監区事務所でも陵印が頂けます。御朱印巡りと合わせて、陵印巡りもいかがでしょうか?

宮内庁月輪陵事務所

2023年11月25日再訪

この時期は紅葉が見事なのでつい訪れるのですが、連なる東福寺と比べたら人も少なく、ゆったりと過ごせます。それでもいつもより多い人であることに変わりはないのですが。今回は洛陽三十三観音巡礼の2周目の御朱印をいただきながら紅葉を眺めに伺いました。

泉涌寺も最近限定で切り絵御朱印などを用意されているのですが、今回は御朱印帳をいただきました。何種類かある中で私が選んだのは、この菊の紋が入った御朱印帳。これぞ泉涌寺ではないでしょうか?

泉涌寺 御朱印帳 20231125

表表紙の裏側には、印刷がされていました。

20231125 泉涌寺御朱印帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました