御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

同聚院(東福寺 塔頭) 十万の眷属を従えた不動明王

同聚院 概要

 

名称同聚院(どうじゅいん)通称じゅうまん不動さん
御本尊不動明王(重要文化財)宗派臨済宗東福寺派
開基東福寺 第129世 琴江令薫(きんこうれいくん・きんこうれいこん)
所在地京都府京都市東山区本町15丁目799
最寄りの公共交通機関JR/京阪電鉄 東福寺駅→徒歩約10分
京都市営バス 東福寺→徒歩6分
拝観時間等9:00〜16:00拝観料(通常)境内:無料
内陣拝観料:200円

 

東福寺塔頭 同聚院

 

東大路通り沿いから東福寺に向かう途中、臥雲橋を渡る前から東福寺の塔頭は並んでいます。その中の一つ、同聚院。紅葉シーズンは人が絶えない東福寺周辺。紅葉よりもお寺優先!と、紅葉シーズンが始まる前に東福寺へ。向かう途中、大きく開かれた門扉と不動明王と書かれた石碑に心惹かれ、お詣りさせていただいたのが最初の参拝でした。

東福寺塔頭ということで周囲は木々が美しく、交通量が多い東大路通から数分とは思えぬ静けさ。

 

同聚院

※2017年10月

いつもの京都市のこま札。風雨で変色していて読みにくい状態ですが、現地で頑張れば、なんとか読めます。

 

本寺は藤原道長が建立した五大堂の遺跡で、五大明王のち中尊不動明王坐像が幾多の災害をこえて本寺にまつられている。像は仏師定朝の父・康尚の作品で、像高265センチの巨大なもの。忿怒(ふんぬ)相の中にも優美さをたたえた藤原美術の代表彫刻の一である(重要文化財)。

出典:京都市駒札

 

定朝といえば、東福寺の隣の山にあたる、泉涌寺の塔頭の即成院の仏像や宇治市の平等院鳳凰堂の木造阿弥陀如来坐像などを思い浮かべますが、お父さんも仏師だったとは知りませんでした。(定朝の子供も仏師です。) 仏師が定朝の父親であるということは、数十年早い時代に作られた、ということ。かなり古いことがわかります。

 

同聚院

※2017年10月

2018年1月、友人と東福寺へ出向いた際、どうしてもこちらのお不動さんに会ってもらいたくて、再訪となりました。

周囲の木々も葉を落とした、冬らしい姿。
この日は寺紋が染められた幕がかけられていました。松の内は過ぎたはず…と思っていたところ、正月護摩祈祷大祭との張り紙が。この日は28日、不動明王の縁日。大祭の日とは知らずに拝観したため護摩祈祷には間に合いませんでした。

 

同聚院

同聚院

 

同聚院 拝観

 

石畳を本堂へと向かい、本堂右側の受付で内陣拝観をお願いしました。同聚院は内陣拝観が出来るお寺です。

 

同聚院

 

同聚院 内陣拝観の様子

 

「まだ片付いていませんが、どうぞ。鉄の扉の奥、すぐ近くまで行ってくださいね」
との言葉で始まった、護摩祈祷後の内陣拝観。堂内の護摩壇には護摩祈祷の跡が残された状態でまだ香りや煙が漂い、灰までもそのまま残っているという、珍しい状態。まるで後拝みのようだなぁ、と思ってしまうほどでした。護摩祈祷に参加できなかったのは残念ではありますが、これはこれで大変貴重な機会、片付け前に入れて頂けたことに感謝です。

堂内は撮影禁止のため写真はありませんが、特別広い訳ではありません。護摩壇から一段上がり、不動明王様の前に座り手を合わせ、顔を上げたら重要文化財に指定されている不動明王坐像がこちらを見ています。

「顔を上げたらそこに大きな不動明王が居て。すごくセンセーショナルだったんだ」とは、一緒に行った友人談。私も初めて伺ったとき、お堂の高さギリギリまでありそうな後背を持つ不動明王に衝撃を受けました。大きさは坐像ながら265㎝もあります。

さらに同聚院の不動明王様は、その憤怒相や長い歴史を感じさせる羂索さえも優しく感じられるのは、定朝の父親が作った不動明王様だからでしょうか?

 

確実な遺作は伝存しないが、東福寺同聚院不動明王坐像は伝康尚作とされる。本作の制作にあたって、康尚は智証大師請来様と言われる図様に従いながらも、醜悪さを廃し優美さを盛り込んだ。仏教的な規範よりも美意識を優先できる、専業仏師ならではの作品と言え、洗練・優雅な定朝様の先駆となる作品である。

出典:wikipedia-康尚

 

蔵の扉のような鉄の扉の奥に進むと、中央に不動明王坐像、右手に小さめの不動明王様、左手には説明はありませんでしたが、十一面観音様と思われる仏像が安置されて居ます。

 

本寺は藤原道長が建立した五大堂の遺跡で、五大明王のち中尊不動明王坐像が幾多の災害をこえて本寺にまつられている。

出典:京都市駒札

 

同聚院 境内の様子

 

同聚院の境内は非常にあっさりしています。入り口右手に手水舎、山門の正面から少しずれた所に本堂、本堂右手に庫裡、本堂左手に不動明王2体と鎮守社らしきお社。裏手に墓地がありますが、パッと見た感じは本当に必要なものだけを置いている、という感じです。

境内に並ぶ不動明王様の大きな方のお不動様は水かけ不動様だそうで「勢いよくパッとお水をかけて!」と教えていただきました。水かけ不動といえば、水垢離(みずごり/水行のこと)ができない私たちのような一般人の代わりに禊を行ってくださる、ありがたいお不動様。冬の寒空のもと、少し申し訳ないような気持ちになりながらも、思い切り掛けさせていただきました。

 

同聚院

 

こんな感じで、勢いよくかけるようです。

 

同聚院9

 

同聚院 御朱印

 

同聚院でいただける御朱印。 十万不動と書かれています。内陣拝観の際にいただいた由緒書きには、十と万の字が引っ付いた状態。土と力が引っ付いた、ともいえます。こちらのお不動様、「十万の眷属がいる」とか「土の力、土地を守るお不動様」と言われています。火災から唯一焼け残ったことから、火除けとしての信仰も厚いとのこと。

どちらにしても、ありがたく優しく、美しいお不動様であることは間違いなしです。

 

同聚院 御朱印

 

内陣拝観は常時行われているとは限りません。法要などにより中止されていることもあります。絶対見たい!という方は、予約をお勧めします。

広島に十万不動様を崇拝されている方がいらっしゃるのでしょうか?前回も今回ももみじ饅頭が供えられていたのが、印象的でした。

 

こうして塔頭を回って素晴らしいお寺に出会ってしまうと、お目当のお寺になかなか辿り着けないという、贅沢な悩み。

 

同聚院の後は、東福寺へ。

東福寺 京の冬の旅 非公開特別公開へ。【通天橋の南側のみ】
京の冬の旅 非公開文化財特別公開、2ヶ所目に選んだのは東福寺の禅堂と経蔵の特別公開。経蔵が初公開される、とのことで喜んで伺って参りました。時間の関係上、通天橋を渡りませんでしたが、それでも初公開の経蔵を見られて感激でした!

 

言の葉に ならぬことから 抜け出でた 拝む貴方に 仏のご守護を

Translate »