御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

【泉涌寺塔頭】戒光寺 秋の戒光寺内陣特別参拝-平成30年11月17日~25日

戒光寺 概要

 

名称戒光寺 (かいこうじ)山号東山
泉山
御本尊釈迦如来安置仏曇照忍律上人坐像
不動明王像
文殊菩薩像
開基曇照忍律(どんしょうにんりつ)
浄業(じょうごう)
宗派真言宗泉涌寺派
所在地京都府京都市東山区泉涌寺山内町29
最寄りの公共交通機関京阪電鉄/JR奈良線 東福寺 → 徒歩15分
京都市営バス 泉涌寺道 → 徒歩7分
拝観時間等9:00~17:00拝観料(通常)無料
平成30年秋の戒光寺内陣特別参拝
開催時期・拝観時間11月17日~25日特別参拝料500円

 

泉涌寺道沿いにある戒光寺山門

 

泉涌寺総門から泉涌寺へ向かい泉涌寺道を登っていくと、左手に泉涌寺山内寺院、戒光寺の山門があります。山門の左手にはいつもの京都市設置の駒札、右手には「国宝 丈六釈迦如来 戒光寺」と書かれた石碑、山門正面には『重要文化財(鎌倉時代) 運慶湛慶父子の大作 釈迦如来 十メートルの木造の大佛さんです 昇殿して参拝下さい』と書かれています。戒光寺は普段から開門されていて、本殿へあげていただき、御本尊の釈迦如来像を拝顔することができるのです。しかも、無料で御本尊にお詣りさせていただくことが出来ます。

 

 

H27年9月参拝時の戒光寺山門

H27年9月参拝時の戒光寺山門

 

今回、秋の戒光寺内陣特別参拝期間中に伺ったところ、山門の真下に内陣特別拝観の案内が加えられていました。

 

平成30年11月参拝時の戒光寺山門

平成30年11月参拝時の戒光寺山門

 

山門の木戸には、以前JR東海で使われたというポスターが貼られています。電車の中吊りで使われたものかと思われるサイズのもの。色褪せてしまっていますが、モデルとなっているのは、この戒光寺の御本尊です。

 

戒光寺山門の木戸に貼られたJRの広告

戒光寺山門の木戸に貼られたJRの広告

 

戒光寺 山門の中へ

 

山門をくぐるとすぐ右手に手水鉢・弘法大師様とお地蔵様、鎮主社と思われる御社が2つあります。鎮主社2つは少しだけ奥まっているため、横に本堂がある感覚です。戒光寺は山門が開いている間(法要等がない日の9:00~17:00)ならば、誰でも無料で本堂に上げていただき、御本尊にお詣りすることが出来ます。戒光寺の御本尊は釈迦如来立像。「丈六(じょうろく)さん」と呼ばれ信仰を集めている御本尊ですが、山門前にも書かれていたように、その大きさは全体で10m。通常の参拝でもその大きさには圧倒されます。

 

戒光寺境内

戒光寺境内

 

戒光寺境内

戒光寺境内

 

H27年9月の戒光寺本堂

戒光寺本堂 H27年9月

 

戒光寺 本堂

戒光寺本堂 H30年11月

戒光寺 内陣特別参拝

 

常にお詣り出来る戒光寺の御本尊。とはいえ、一定の距離からお詣りをするため、拝顔することは出来ますが台座や光背などは見ることが出来ません。また、本堂の中が煌々と照らされている訳でもないので、細かなところまでは確認出来ないのが実情。ですが、内陣特別参拝では丈六釈迦如来像のすぐそばで説明も聞くことができました。

 

秋の戒光寺内陣特別参拝で聞いてきたこと

・丈六釈迦如来立像は寄木造り、手首の継ぎ目以外ではパッと見てわかる継ぎ目はない。
・この丈六釈迦如来立像を作ったのは、運慶・湛慶親子
・台座の蓮から光背の先まで10mくらい。
・両目には大きな水晶(玉眼)、額にある白毫(びゃくごう)にも湯のみくらいの大きさの水晶と仏舎利が入っている。
・指の爪が長いのは、爪を引っ掛けてまでも人々を救いたいから。涅槃図などにもよく見られる。
・指の間にある水かきのような縵網相(まんもうそう)がはっきりわかる。
・今も残る衣の色。修復されていないので、作られた当時の極彩色が現存している。
・衣には極楽に咲く花の模様や蓮の花などが描かれている(目視で確認できる)。
後水尾天皇が東宮だった頃、即位争いに巻き込まれて暗殺者に寝首を掻かれたが、この釈迦如来が身代わりにたたれた。そのため、釈迦如来の首元には今も跡が残っている。
・このエピソードから「悪しき事の身代わりになってくださる」「首から上の病気、のどの病気を治してくださる」と崇められている。
・足元に置かれた鏡は、神仏習合の頃の名残。いつ誰が置いたものか?は不明。
・この場所に祀られるまで何度も移転してきている。
・火災から守るため、NASAでも使われている防火カーテンが設置されていて、火災の際は紐が切れて自動で落ちてきて、御本尊を守る。
・御本尊の後ろには不動明王像があり、この不動明王は肉厚で扁平足と言われる不動明王の足の裏を見ることが出来る、珍しい不動明王像。
・毎月八日の御縁日で使われる大きなお数珠の大きな玉には仏様が彫刻されている。

 

丈六釈迦如来立像の横で一通りの説明を受けた後、御本尊を囲むように作られたルートを進みます。ショーケースには、「正倉院と同じ蘭奢待(らんじゃたい)」と書かれた香木、お札を作る時に使われる版木や宝具、壁に貼られたお釈迦様一代記。そして、その奥に説明できいいていた不動明王像がありました。こちらの不動明王像は坐像で足を投げ出して木のようなものに腰をかけています。そのため、足の裏がはっきり見える状態。岩を組み合わせたものを踏みしめている立像、坐禅を組み足の裏が上を向いていたり足の裏が衣で隠れているために、その足の裏の状態を確認することが出来ない坐像とは少し違う、変わった座り方。

さらに百万遍数珠に彫刻された仏様を見、弘法大師像と重要文化財の曇照忍律上人坐像を拝見。その後、また反対側から丈六釈迦如来立像を拝見しました。反対から見ても大きいという印象は変わりません。また、外からは見えないのですが、中から見上げると、お顔の部分だけ外から見られるように作られたのであろう窓の存在が。近くで見上げてみないとわからないことだらけだという印象を受けつつ、本堂の見学は終了致しました。

 

泉山七福神巡り 第二番 弁財天

 

本堂の正面には、泉山七福神巡り第二番の泉山融通弁財天様が祀られています。こちらの弁財天様、秘仏です。

 

この尊像は伝教大師作と伝えられており、秘仏ご開帳は年2回、1月の成人の日に行われる七福神巡りと11月3日の弁財天大祭のみに行われています。

出典:丈六 戒光寺公式サイト-本堂・境内

 

頂いてきたパンフレット(100円)によると、毎月18日が泉山融通弁財天様の御縁日なのですが、11月3日に行われる泉山融通弁財天大祭の際は境内で護摩焚きが行われるようで、控えめに写真が載せられていました。またこの日には内陣特別拝観も行われるようです。

 

戒光寺弁財天社H27

本堂正面 戒光寺弁財天社 H27

 

新選組や幕末の動乱の時代が好きな方にもオススメ。

 

さらに、戒光寺には御陵衛士墓所があります。

また、戒光寺墓地には御陵衛士伊東甲子太郎以下4名の墓がある。御陵衛士は戒光寺湛然長老の肝いりで組織され、新撰組参謀・伊東甲子太郎ら15名が参加したが、後に新撰組に襲われ伊東以下4名が暗殺された。始めに壬生寺に葬られたが、明治元年に戒光寺に改葬された。

出典:泉涌寺公式サイト-山内寺院 戒光寺

 

この4名とは毛内監物・伊東甲子太郎・藤堂平助・服部三郎兵衛。墓前にお詣りすることができます(要問い合わせ・公式サイトから事前予約必須)。幕末の動乱の頃の時代や新選組が好きな方にもオススメしたいお寺の一つです。

 

 

 

戒光寺の御朱印

 

戒光寺でいただいた御朱印。不動明王と書かれた御朱印は特別公開限定で書き置きのもの。この他にも泉涌寺七福神の弁財天や京都十三佛の文殊菩薩の御朱印などがあります。(私はまだ頂いていません。)

 

戒光寺御朱印

戒光寺 限定御朱印(左)と御朱印(右)

戒光寺特別公開のフライヤー

戒光寺特別公開散華、戒光寺パンフレット(100円)

 

戒光寺 大修理 趣意書

戒光寺 大修理 趣意書
初めて参拝した時に頂いた、戒光寺大修理趣意書。どこがどのように修理が必要なのか?ということが写真で説明されていて、非常に興味深いもの。今回は頂かなかったので、もしかしたらもう配布されていないのかもしれません(未確認)。

 

戒光寺の公式サイトでは年中行事予定が記載されているので、参拝前にぜひご確認ください。

 

戒光寺公式Facebookページでは、戒光寺で行われる阿字観という真言密教瞑想法の体験会や法話会の予定が告知されています。

戒光寺、ブログもあります。法話会や体験会の詳細はこちらの方が詳しいです。

 

 

 

 

 

コメント

Translate »