御朱印好きさんにアンケート!

御朱印帳の使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

【東福寺 塔頭】龍吟庵 2019年秋の特別拝観へ。

龍吟庵 概要

名称龍吟庵
(りょうぎんあん)
山号
御本尊宝冠釈迦如来脇侍/安置仏不明
開基無関普門宗派臨済宗東福寺派
札所
所在地京都府京都市東山区本町15丁目812
最寄りの公共交通機関JR奈良線/京阪電鉄 東福寺駅 → 徒歩約12分
京阪電鉄 鳥羽街道駅 → 徒歩約10分
京都市営バス 東福寺 → 徒歩約6分
拝観時間等通常非公開拝観料(通常)通常非公開
龍吟庵 秋の特別拝観(2019年)
開催期間
拝観受付時間
11月1日〜12月8日
9:00〜16:00(閉門16:30)
拝観料大人500円
小人300円

 

東福寺の本坊庫裏のその奥へ。

 

東福寺の塔頭の中でも第一位の位置に置かれる龍吟庵。龍吟庵は東福寺の本坊庫裏の横を抜け、裏を通って東福寺の洗玉澗にかかる3本の橋のうちでもっとも短く狭く東にある偃月橋(えんげつきょう)を渡った所にあります。

東福寺 龍吟庵への入り口 20191112

東福寺 龍吟庵への入り口 20191112

龍吟庵|【公式】京都観光Navi
カテゴリ別観光情報。京都にある観光情報をカテゴリ別にご用意しました。行きたいスポットへは、エリアで検索できる機能が便利です。
東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋へ 20191112

龍吟庵の建物の前で拝観料を支払い、中へ。この日は拝観料を支払う所に並んでいたのは数人程度でしたが、人が途切れることはない状態。御朱印もこちらで先に頂きました。

龍吟庵 門前 20191112

龍吟庵 門前 20191112

龍吟庵 門前 20191112

龍吟庵 門前 20191112

 

門をくぐるとすぐ、龍吟庵の方丈です。龍吟庵は建物の撮影が禁止されており、多くの係員の方が何度も「撮影禁止」の案内をしていました。

方丈を囲んで東・西・南の三庭からなっている。いずれも重森三玲の手による枯山水の庭で、昭和39年(1964年)の作庭である。

出典:wikipedia-龍吟庵

入口で靴用のビニール袋を受け取り、すぐに拝観スタートです。ある程度の人数が集まると案内の方の解説+注意が始まります。私が拝観した際は海外の方が多かったためお庭に降りようとする人などもいて、何度も解説が中断していました。

方丈南側の無の庭では竹垣に施された雷の説明とか。

龍吟庵 無の庭 20191112

龍吟庵 無の庭 20191112

龍吟庵 無の庭 20191112

龍吟庵 無の庭 20191112

龍吟庵 無の庭 20191112

龍吟庵 無の庭 20191112

 

そのまま縁側を伝って西側にある龍門の庭では、龍の頭の石がどれだとか渦の模様だとか。方丈の建物内部の説明も少々。

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

龍吟庵 龍門の庭 20191112

北側にある開山堂の説明や東側の不離の庭、方丈の隣、不離の庭を挟んだ所に立つ庫裏(重要文化財)とか、秀吉公やらねね殿やら篤姫やら。

龍吟庵 不離の庭 20191112

龍吟庵 不離の庭 20191112

 

ずっと説明が続いていたのですが、ガヤガヤ賑やかな上に途中で説明が中断されて…あまり聞き取れなかったのが非常に残念でした。私は時間の関係上諦めましたが、「途中から参加された方は今からの案内しますのでどうぞ」という案内もされていたので、2周目という方法もありでしょう。

さて。拝観の案内の中で、偃月橋の棟札の話もされていました。その影響で、帰り道はじっくりと偃月橋を楽しんでいる人が多くいらっしゃいました。棟札は見つけられたのですが、棟に貼られている為解読はというと…なかなか難しいものがありました。

東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋 20191112

東福寺 偃月橋 棟札 20191112

東福寺 偃月橋 棟札 20191112

東福寺 偃月橋 棟札 20191112

東福寺 偃月橋 棟札 20191112

 

龍吟庵でいただいた御朱印。

 

龍吟庵でいただいた御朱印。書置きに日付を入れて頂く形でしたが、説明も添付されており、非常に親切な御朱印となっています。

龍吟庵 御朱印 500円 20191112

龍吟庵 御朱印 20191112

【東福寺】京の冬の旅2018 非公開文化財特別公開へ。【通天橋の南側のみ】
京の冬の旅 非公開文化財特別公開、2ヶ所目に選んだのは東福寺の禅堂と経蔵の特別公開。経蔵が初公開される、とのことで喜んで伺って参りました。時間の関係上、通天橋を渡りませんでしたが、それでも初公開の経蔵を見られて感激でした!
【東福寺塔頭】勝林寺 豊富な御朱印と花手水が人気のお寺
東福寺塔頭の一つ、勝林寺。勝林寺は御朱印の多様さと座禅やヨガ、写経や写仏などの体験が出来ることから、いつ訪れても参拝客が多いお寺です。SNSで発信される情報量も非常に豊富。書置の御朱印がメインですが、台紙が変わるので全ての御朱印が限定じゃないか?と思うお寺です。【追記】2019年7月、再訪。花手水の写真と限定御朱印を追加しました。
【東福寺塔頭】同聚院- 十万の眷属を従えた不動明王
東山区にある東福寺塔頭 同聚院。一見目立たない同聚院ですが、本堂には大きな不動明王の坐像が。そして、息がかかりそうな距離まで内陣に入り拝観することが出来るんです。秋・冬と2度に渡り訪れた同聚院の様子を。【2019年7月、御朱印の対応が書置に変更となっていました。】

その季節にしかお目にかかれないところも。

【東福寺塔頭】勝林寺 秋の特別拝観で秘仏の御本尊と紅葉を満喫
東山区にある、東福寺塔頭寺院の一つの勝林寺。御朱印と御朱印帳、ほぼ毎日行われる坐禅体験などをSNSを上手に使って広報していて、いつ訪れても人が多い人気のお寺です。お正月と秋の特別拝観の際にだけ公開される、秘仏の御本尊様と紅葉を満喫してきました。
【東福寺塔頭】天得院 2019年桔梗の季節の特別拝観へ。
京都市東山区にある、天得院。天得院は東福寺の五塔頭の一つです。天得院は桔梗の季節とツワブキと紅葉の季節の年に2回、一般拝観の機会が設けられるお寺。塔頭寺院へ出向く際には、本山の確認を怠ってはならないという教訓を得ました。※天得院には保育園と児童館が併設されております。拝観の際、近隣道路は子供たち優先でお願いします。
【東福寺塔頭】善慧院と明暗寺、2019年秋、虚無僧さんとお話してきました。
京都市東山区。東福寺の塔頭寺院の善慧院。こちらは尺八の根本道場として、虚無僧発祥のお寺「明暗寺」としても有名です。善慧院と明暗寺、どちらと言えばいいのかわかりませんが、見事にフカフカな苔に癒されながら、虚無僧さんとお話してきました。
【東福寺塔頭】四神の庭に囲まれた一華院。
東福寺塔頭の一華院。秋の特別拝観期間で賑わう東福寺界隈の中、静かに特別拝観が行われておりました。メインはお庭の拝観の様ですが、しっかりと御本尊様もお詣りさせていただくことができました。非常に新しく綺麗で、これからどのような変化を遂げるのだろう…?と思わせるお庭でした。

コメント

スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました