御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。
その他

<京の七夕> 2018年鴨川納涼に行ってきました。

毎年、8月の第1土日に行われている鴨川納涼(2018年は8月4日と5日)。お目当だった神社の社務所が閉まっていたので、フラリと立ち寄ってきました。京都ふるさとの集い連合会による日本各地の名産品やステージで行われるパフォーマンスが行われる鴨川納涼は、京の七夕の一環です。<今回は寺社は関係ありません。>
伏見区

長建寺の弁天祭に行ってきました。

お正月に初めて訪れた長建寺。その時に知った、柴燈大護摩供を拝見したくて指折り数え、待ちに待った弁天祭に行ってまいりました。修行を重ねた方々による荘厳な雰囲気の中粛々と行われる柴燈大護摩供と常に姿を変える炎。やっぱり護摩焚きだけは実際に見なければ…と思わされるお祭りでした。
伏見区

伏見稲荷大社2018年本宮祭の宵宮祭に行って来ました。

伏見稲荷大社で行われた2018年本宮祭の宵宮祭。昼間、38℃まで気温が上がったこの日。夜になっても暑さが引かない中、国内海外問わず多くの人が伏見稲荷大社に来ていました。あまりの人の多さに今年は本殿前で引き返しましたが、今年も無事にお詣りすることが出来ました。
右京区

猿田彦神社 京の三庚申(こうしん)の一社

京都市右京区山ノ内にある、猿田彦神社。社名の通り、主祭神は猿田彦大神です。こちらの猿田彦神社は初庚申に初護摩が行われたり境内の隅にお不動様が祀られていたり…昔から続く庚申信仰が今も残る神社。大阪北部地震と集中豪雨の後、扁額が落ちてしまっていました。
右京区

山王神社 山の神様が守る、山ノ内の神社。

京都市右京区にある山王神社。細い生活道路の奥にある、大楠に囲まれたとても清々しい神社です。この大楠、樹齢700年を超えた今も青々と茂っています。春先から気になっていた山王神社にようやくお詣り出来て、一安心です。
下京区

本光寺-京都駅すぐ、幕末に暗殺事件が起きた場所-

京都市下京区、京都駅からすぐの場所にある本光寺。幕末の動乱の中、ここで新選組が絡んだ暗殺事件がありました。なんだか物騒な話に思いがちですが、訪れた本光寺はとても静かで小さなお寺でした。
右京区

西院春日神社 夏越の大祓

通りがかりで開催時間を知った、西院春日神社の夏越の大祓神事。2018年は土曜の夜という参拝しやすいタイミング。境内には、半年の穢れを払う為に訪れた方々。本当に近所の人たちに大切にされている神社だということを実感しました。※プライバシーの問題上、全てのお顔にボカシを入れさせて頂いています、ご了承ください。
その他

<京都半日散策>島原散策-例えばこんな、下京めぐり-

京都市下京区、丹波口駅の近くにある島原。大きな観光寺院はありませんが、洛陽十二支妙見めぐりのお寺が2寺もあります。googleで調べても13分で歩けてしまうような距離にある寺社への参拝と島原散策。
下京区

慈雲寺 洛陽十二支妙見めぐり 申の妙見さん

慈雲寺の妙見さんは島原妙見宮と呼ばれるだけあり、申の妙見さんだけに、色々なものが去る(申)ように、昔から信仰を集めてきた妙見さんです。話し上手なご住職と妙見さんのお話はもちろん、中国の故事から地域の話題まで話し込み過ぎて、写真+内容少なめです…。観光寺院ではありませんが、再訪したいと思います。
下京区

法華寺 洛陽十二支妙見めぐり 未の方の妙見さん

島原にある、法華寺。境内には洛陽十二支妙見めぐりの「未」の妙見さんが祀られています。ご自由に…と書かれている妙見さんですが、堂内に入って良いものかどうか…迷う所です。サツキが咲いている季節に伺ったのですが、直後に近隣で用事ができたため再度訪れたところ、紫陽花も見事に咲いていました。
下京区

島原住吉神社 花街だった島原で信仰を集め続ける神社。

JR山陰本線の丹波口駅から徒歩4〜5分の島原住吉神社。撮って保存したはずの写真が見当たらず戻ったり、説明のない石碑を見つけたり、御朱印を頂く時に初体験があったり…記憶に残る神社となりました。※当サイトでは石碑などを丸写することは控えておりますので、ほぼ感想文です、ご了承ください。
伏見区

伏見神宝神社 稲荷山の中にある別の神社

伏見稲荷大社の千本鳥居の途中にある山道を登ると、稲荷山の中でもちょっとだけ雰囲気が違う、伏見神宝神社があります。短いながらも急な山道の先にある伏見神宝神社では対になった狛龍さんたちにも出会えます。なんか本当に、色々不思議な神社。様々な季節の写真でご紹介。
東山区

【建仁寺塔頭】両足院-2018年、半夏生に合わせた初夏の特別拝観。

建仁寺塔頭の両足院。半夏生が開花する時期に合わせた特別拝観(2018年は5月25日~7月12日)に伺って来ました。非常に静かで人の少ないタイミングで訪れることができたのですが、半夏生の見頃がまだだったこと、時間の関係で駆け足になってしまったことなど…既に再訪したい、両足院です。
東山区

【建仁寺塔頭】霊源院-2018年の甘茶の開花に合わせた「甘露庭」特別公開

建仁寺塔頭霊源院。甘茶の花の開花に合わせて行われた特別公開(2018年5月19日(土)〜6月17日(日))へ行ってきました。あじさいと勘違いしてしまいそうにそっくりな、甘茶の花。庭の木々に負けない甘茶の花+αを満喫してまいりました。+αの方が価値があったかも!?
伏見区

城南宮の茅の輪くぐり 2013年6月29日

夏越の祓の茅の輪くぐり、もうすぐですね! とあるところで公開していた2013年の話に、加筆修正。城南宮の茅の輪くぐりと人形(ひとがた)流し。 1号線沿いにある、自動車用の茅の輪くぐり。こっちも一度くぐって見たいものです。
上京区

護王神社 新旧入り混じる、イノシシの神社

京都市上京区の護王神社。足腰へのご利益があると言われる護王神社では、神様の使い言われるいのししがあちこちに。狛いのししに拝殿の柱の足元、コレクションも。駐輪スペースは喜多門(北側の門)を入った右手、護王会館の横です。
伏見区

本教寺 洛陽十二支妙見めぐりの1つ、大手すじの妙見さん

大手筋商店街の中にある、本教寺。全くと言っていいほど読めない駒札のおかげで存在に気がついた、本教寺。2度ほど訪れましたが、このお寺は殊の外静かなお寺という印象。太陽の光が赤と緑の線となり写り込んだ写真が撮れました♪
その他

<アンケート>御朱印好きさん、御朱印帳ってどうしていますか?<参加してください♪>

御朱印を頂いている方に聞きたかった「蛇腹の御朱印帳、裏面どうしてますか?」決まりがないから自由だけれど、他の人はどうしているんだろう?という、私の素朴な疑問。ぜひアンケートにご協力ください♪ 回答を見たい!そんな人も是非。
下京区

住吉神社 下京区2箇所めの住吉神社

自転車で大宮通りを走っていた時に見つけた、住吉神社。醒ヶ井通の住吉神社に続き、下京区2ヶ所目の住吉神社へのお詣りとなりました。社務所が閉まっていたので、御朱印がいただけるかどうかはわかりませんでしたが、境内を満喫して来ました。
上京区

菅原院天満宮神社。産湯の井戸、三箇所め!

京都御所の西横にある、菅原院天満宮神社。こちら、菅原道真公が生まれた地と言われる天満宮です。天満宮だけじゃないご利益に驚きながら、賑やかな雰囲気を満喫してきました。広くない境内、何故か例えるとしたら「賑やか・華やか」私はそう感じました。そして、あの井戸も!
Translate »