御朱印好きさんにアンケート!

御朱印好きさん、使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。
南区

東寺 夜桜ライトアップ 20180328-今年の桜はやっぱり早足-

東寺、不二桜が咲きました。2018年は3月いっぱい辺りが満開でしょうか? 5年連続となる拝観、私イチオシの撮影ポイントの紹介と2018年3月28日の様子。2017年秋の特別拝観の限定御朱印(帳)の話。2018年4月1日の昼間の様子も少しだけ。
南区

【再訪】今年の桜は早足!? 2018年、六孫王神社の桜【3/21,25,28,4/8の写真】

楽しみにしていた桜のシーズン。東寺北総門から徒歩数分の六孫王神社に3月21日と3月25日に伺って来ました。4日間でちらほら→5分咲きと、一気に開花が進む、2018年の桜。洛南地区(京都駅より南側)の桜は、3月中が見頃の様です。※3月28日満開の境内,4月8日黄緑の桜の写真追加+追記しました。
南区

東寺 夜桜ライトアップ2013〜2017の様子。

京都の桜の開花速報を見られるサイトをまとめてみました。私の楽しみは2018年3月17日~4月15日の間、東寺で行われる「夜桜ライトアップ」。年々元気がなくなりつつある不二桜の心配をしながら、ここ数年の写真を見返しました。
下京区

若一(にゃくいち)神社 碁盤の目を歪めるお手植え楠

京都の碁盤の目を歪める、若一神社の楠。その楠を植えたと言われているのは、平清盛公です。若一神社は平清盛公の邸宅跡に作られた神社。立身出世を支えた主祭神の若一王子様に御目通りしてきました。
南区

東寺 御影堂周辺-毘沙門堂とか贔屓さんとか-

東寺の中の、西院と呼ばれる御影堂(太子堂)周辺。ここは私が毎月お詣りしている場所。御影堂は修理中ですが、弘法大師様の念持仏と言われる秘仏の不動明王様へのお詣りをかねて、ゆっくり過ごして欲しい場所です。
上京区

観音寺 菅原道真公が作った御本尊を祀るお寺

京都市上京区の観音寺。北野天満宮の鳥居の中と言っても過言ではない場所にある、北野天満宮の神宮寺として栄えたお寺。御本尊は、菅原道真公作と伝わる十一面観音菩薩様です。
北区

桜の名所 平野神社は北野天満宮北門から徒歩4分!

平野神社は北野天満宮の北門から徒歩5分弱。様々な種類の桜が植えられている神社です。桜の季節にはお店(桜茶屋)も出て、絵に描いた様な花見が出来る貴重なスポット。数年に一度ほど訪れる神社です。今年は桜を見に、もう一度訪れたい!
上京区

2月25日の天神さん(北野天満宮)に行ってきました。

数年足が遠のいていた、北野天満宮の天神さんの日(25日の縁日)。2月は梅花祭も行われるし、梅花祭野点大茶湯もあるし、今年は日曜日だし梅が咲いて居たら梅園も〜♪と気軽に出向いたところ、歩くのにも困るほどの人人人! さすが、天神信仰の本拠地、色々お見事でした。
下京区

佛光寺 通りの名にもなったお寺

街中なのに整然とした雰囲気の境内と、重厚な雰囲気の阿弥陀堂と大師堂。その重厚さとは裏腹に、お堂の中は驚くほどの煌びやかさでした。カフェやショップが境内にあり新旧入り交じった佛光寺は、気軽に立ち寄れる立地も魅力的。
中京区

元祇園梛神社 捻れた木に出会いました。

節分の際に伺ったところ、節分の限定御朱印に長蛇の列が…梛神社は祭祀に合わせて拝受出来る、限定御朱印が豊富にあることでも有名な神社。後日改めてお詣りに伺うと、境内にはグルグルと捻れた木が!歴代No.1の捻れ具合でした!
中京区

壬生寺 兵法訓練場に使われた境内をのんびりと。

新撰組が兵法調練場として境内を使っていたことで有名な壬生寺。昭和の放火により建て替えられた本堂など、新しい建物が並ぶ境内。雪がチラつく中、広い境内をのんびりと、ほぼ貸切状態でお詣りしてまいりました。
下京区

天道神社 大木に呼ばれて。

京都市下京区の天道神社。壬生寺に向かう途中でフラリと立ち寄った所、節分祭のご接待を受けました。祀られているのは有名どころの三柱。すぐに再訪して、御朱印と由緒書きを頂戴いたしました。天道神社のクスノキは、前回も今回も私を呼んでくれました(笑) ※天道花神事、茅の輪の写真追加しました。
東山区

勝林寺 東福寺塔頭 豊富な御朱印が人気のお寺

東福寺塔頭の一つ、勝林寺。勝林寺は御朱印の多様さと座禅やヨガ、写経や写仏などの体験が出来ることから、いつ訪れても参拝客が多いお寺です。SNSで発信される情報量も非常に豊富。SNSをチェックして参加してみるのもいいかも!?
東山区

東福寺 京の冬の旅 非公開特別公開へ。【通天橋の南側のみ】

京の冬の旅 非公開文化財特別公開、2ヶ所目に選んだのは東福寺の禅堂と経蔵の特別公開。経蔵が初公開される、とのことで喜んで伺って参りました。時間の関係上、通天橋を渡りませんでしたが、それでも初公開の経蔵を見られて感激でした!
東山区

同聚院(東福寺 塔頭) 十万の眷属を従えた不動明王

東山区にある東福寺塔頭 同聚院。一見目立たない同聚院ですが、本堂には大きな不動明王の坐像が。そして、息がかかりそうな距離まで内陣に入り拝観することが出来るんです。秋・冬と2度に渡り訪れた同聚院の様子を。
右京区

車折神社 石に願いを。

芸能人の玉垣で有名な、車折神社。実はパワースポットとして数多くの雑誌やテレビ番組でも扱われる程有名なお守り(祈念神石)があるんです。私にも、どうしても叶えたい願いが。祈念神石の拝受の仕方、願掛けの仕方をチェックして、伺って参りました!
その他

伏見五福めぐりに出向いたはずが…-例えばこんな、伏見散策-【2018年4月1日、追記】

伏見五福めぐりに出向いたはずが一足遅く、色紙の販売が終了していました。気を取り直して、鳥羽・伏見の戦いの中心地を伏見散策。『「今日の冬の旅」非公開文化財特別公開』期間中だったこともあり、薩摩藩色の濃い、半日の伏見巡り。2018年4月1日、桜を求めて再訪しました。
伏見区

御香宮神社 名水湧く御香宮は香る水が湧くお宮【2018年4月1日、5月21日 再訪】

京都駅からのアクセスの良さと敷地の広さに加えて、極彩色の割拝殿と多くの神様に御目通り出来る、御香宮神社。伏見区民の知人一押しの御香宮神社に、5月と11月に伺って来ました。【2018年4月1日 再訪・3〜4月の限定御朱印追加】【2018年5月21日 再々訪】
伏見区

大光寺 アーケードのある商店街に、静かに建つお寺

伏見区の大手筋商店街の中にある、大光寺。観光寺院ではないものの、門扉を開けていらっしゃいます。伏見散策の最後に見つけた、お薬師様の御加護と御朱印を頂いたお寺。無知のまま飛び込むこともいいものです!
伏見区

大黒寺【通称 薩摩寺】薩摩藩の躍進は、出世大黒天のおかげ!?

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」に合わせた「京の冬の旅」非公開文化財特別公開の1つ、伏見区の大黒寺に行って参りました。本堂や西郷隆盛ら、幕末の動乱の中心人物が会談を行った部屋を説明を聴きながら拝観!
Translate »