御朱印好きさんにアンケート!

御朱印帳の使い分けしていますか? 蛇腹の裏面は使いますか?

アンケートと現在の結果はこちら。

御朱印・法語印・御首題

その他

<京都半日散策>西大路七福社ご利益めぐり 2019年亥の年。

京都市右京区の西院駅周辺に用事があったこの日、正午過ぎには用事も終わり、時間が余ってしまいました。そこで、思い立ったが吉日!とばかりに、西大路七福社ご利益めぐりをして来ました。一度お詣りした神社さんに関しては本殿のみのお詣りにしました。どれくらい時間がかかったのか?を検証して見たいと思います。所用時間の目処を立てると、気軽に参加できませんか?
上京区

大将軍八神社 平安時代から京都の北西を守る神社

京都市上京区にある、大将軍八神社。平安時代に京都の北西を守るためにこの地に建てられた神社です。元々は方除けの大将軍様を祀った神社でしたが、明治時代の神仏分離令により、主祭神が変更されています。そんな時代の流れを掻い潜って来た神社には多くの神様が祀られていました。
北区

熊野神社衣笠分社 住宅街のモダンな社殿。

熊野神社衣笠分社はびっくりするほど近代的な建築で建てられた神社です。住宅街に違和感なく溶け込み過ぎて、なかなか見つけられないという人もいるそうです。目印は京都府警察北警察署の小松交番所。小松交番所の道路を挟んだ北東側斜め前に鎮座されています。
北区

敷地神社(わら天神) 京都有数の安産のご利益を頂ける神社

京都市北区にある、敷地神社。わら天神さんと言った方が市民には伝わります、多分。西大路七福ご利益めぐりの七社の中で、一番北にある神社です。京都の中では安産のご利益で有名で、ご利益を求めてお詣りをする人が多い神社。頂ける藁(わら)の節の有無でお腹の子の性別がわかるとか…。
中京区

法雲寺 縁を切る?結ぶ?御縁の神様にお詣り

京都市中京区、京都の大通りの一つの河原町通沿いに入り口のある法雲寺。殺風景な印象を受けた(失礼)境内のその奥に、縁切り+縁結びの信仰厚い大明神が祀られていました。菊野大明神への参拝を希望される方は、先に寺務所へどうぞ。寺務所では参拝用の「かわらけ」を購入することができます。
下京区

神明神社 四条烏丸からすぐ、街中で町の人が守る神社へ。

京都市下京区の神明神社。四条通りの一本南、地下鉄四条/阪急烏丸駅から徒歩数分という街中の神社。平安時代からこの地を守っているという小さな神社ですが、謡曲にも登場しているほど歴史深い神社です。さらりとお詣り出来るので、四条を歩く際には一本南の綾小路通(あやのこうじどおり)を歩いて見ませんか?
南区

【東寺】太元堂〜食堂(東寺の北のエリア)

東寺の中で紹介していなかった、食堂と太元堂、弁天堂。東寺の境内の中では真ん中〜北側辺りを中心に。毎月詣をしている東寺さんなので、撮影日はバラバラです。東寺といえば五重塔や金堂・講堂と思ってしまいますが、無料で参拝できる食堂も私は好きです。
東山区

剣神社 子供の守護神

京都市東山区にある剣神社。2018年8月と11月の2度伺って参りました。「子供の守護神」様ということで、8月に参拝した時に知人の妊娠継続をお願いして来たところ、無事に産休突入。大きなご利益を頂くことができました。8月初旬の台風被害が残る境内の様子を、8月と11月の写真を織り交ぜてご紹介。
東山区

【泉涌寺別院】雲龍院 静けさを味わう

京都市東山区にある、泉涌寺別院の雲龍院。こちら、静かな泉山の中でも一際大人の雰囲気漂うお寺です。シンプルながら計算された色紙の景色や悟りの窓がある書院、書院から眺める四季折々に楽しめるお庭、霊明殿に龍華殿。普段よりおしとやかに歩きたくなるのは、私だけでしょうか?
東山区

【泉涌寺塔頭】戒光寺 秋の戒光寺内陣特別参拝-平成30年11月17日~25日

京都市東山区にある、戒光寺。泉涌寺の総門の中、泉涌寺道沿いに戒光寺の山門があります。泉涌寺塔頭寺院の中で常に公開していて、常に参拝者がいる印象があります。今回、秋の戒光寺内陣特別参拝ということで伺ってまいりました。過去何度かお詣りした時の写真と一緒に。
東山区

【泉涌寺塔頭】新善光寺 2018年秋の新善光寺展へ。

東山区にある、新善光寺。泉涌寺のお山の中で唯一お詣り出来ていなかった、新善光寺。寺宝の公開が行われるとのことで参拝してまいりました。この日は京都青窯会協同組合主催の第25回窯元もみじまつりが行われ、東山三十六峰の一つの泉山一帯は紅葉が色づき、観光のベストタイミングでした。
その他

京都駅「京都美風 京都 御朱印めぐりと御朱印帳 2018」に行って来ました。

京都駅で行われている、「京都美風 京都 御朱印めぐりと御朱印帳 2018」。人気の御朱印、カラフルなものや可愛らしい御朱印帳など、知らないものがいっぱい展示されていました。参拝したことがある寺社でも御朱印帳までは余り見てなかったなぁ…と。2018年11月2日(金)~11月30日(金)の期間限定です。
左京区

【聖護院】聖護院門跡 本山修験宗の総本山で秋の特別公開。

京都市左京区の聖護院門跡。山伏修行をしている友人に案内してもらおう!と思っていたのですが、待ちきれず、特別公開に合わせて参拝して来ました。宸殿内の一部で写真撮影が許可されている、今回の特別公開。2018年秋のオススメです。FacebookやTwitterから得ていた情報+特別公開での案内で細かなところまで見て回れました。
伏見区

御香宮神社の神幸祭 2018年宵宮祭花傘総参宮へ。

毎年10月上旬に9日間にわたり行われる御香宮神社の神幸祭。第1日目を狙っていたのですが、台風により中止となってしまいました。気を取り直し、宵宮祭の花傘総参宮に参拝していまいりました。伏見区民一押しのお祭りは区民が作るお祭りでした。
東山区

豊国廟 豊国神社境外地 秀吉公が眠る阿弥陀ヶ峰へ。

実は以前、go※※leのルート案内で全く違う道を案内されたことがあり、参拝しそびれていた豊国廟。階段数のこともあり、足が向かないままでした。流れてきたtweetを見て、覚悟を決めて伺って参りました。限定御朱印は、秀吉公の祥月の8月と旧暦に合わせた9月だけ限定の御朱印です。
東山区

新日吉神宮(いまひえじんぐう) 東山七条で静かに秀吉公を祀り続けた神社

寺社がギュッと集まった東山七条にある、新日吉神宮(いまひえじんぐう)。人気観光エリアですが、阿弥陀ヶ峰の麓は観光する人も少なく、ゆっくりとお詣りすることができました。境内社の御朱印まで揃えられているので、御朱印好きさんにもおすすめです。
下京区

市比賣神社 女神様たちが女性を守護する神社

久々に訪れた市比賣神社。女性を守護する神社として市民にも広く知られている人気の神社、この日も参拝する人が途切れることはありませんでした。御朱印が変わったとのことで、改めて頂いて来ました。御朱印帳は従来通り、私も愛用中の優しいピンク色の御朱印帳です。新旧の写真を織り交ぜて。
南区

城興寺 お寺の中に唯一の願いを叶えてくれるお稲荷様

京都市南区にある城興寺。京都駅から徒歩圏内にあるお寺です。洛陽三十三観音霊場巡りのお寺と言う知識だけで訪問したところ、お稲荷様の印象が強く残りました。境内にある次郎吉稲荷様は1つお願いを叶えてくれるお稲荷様。唯一の願いだけ、と言われると、すぐには思い浮かびませんでした。【10/24 2018年のお火焚祭のポスターの写真を追加しました。】
右京区

猿田彦神社 京の三庚申(こうしん)の一社

京都市右京区山ノ内にある、猿田彦神社。社名の通り、主祭神は猿田彦大神です。こちらの猿田彦神社は初庚申に初護摩が行われたり境内の隅にお不動様が祀られていたり…昔から続く庚申信仰が今も残る神社。大阪北部地震と集中豪雨の後、扁額が落ちてしまっていました。
右京区

山王神社 山の神様が守る、山ノ内の神社。

京都市右京区にある山王神社。細い生活道路の奥にある、大楠に囲まれたとても清々しい神社です。この大楠、樹齢700年を超えた今も青々と茂っています。春先から気になっていた山王神社にようやくお詣り出来て、一安心です。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました