緊急事態宣言解除後の対応について。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、様々な行事が縮小されています。また、寺社ごとに感染対策を取られていますが、一律のものではありません。参拝前にご確認ください。

詳細はこちら【外部サイト:京都観光Navi】
その他

<京都半日散策>京阪神宮丸太町駅から聖護院周辺へ。-例えばこんな、聖護院周辺-

2018年秋と2019年の節分に訪れた、聖護院。川端通りから東に向かうと、東大路通までは近代的な京都大学医学部関係の施設、東大路通を超えると八つ橋の老舗が2件と、対照的な雰囲気がありました。大文字山が見え隠れするまっすぐな道。京阪電車の神宮丸太町駅から聖護院まで、さほど時間もかかりませんでした。
左京区

須賀神社と交通神社 1度にお詣りできる聖護院町の産土神様

須賀神社・交通神社は聖護院、積善院凖提堂の前(及び斜め前)にある神社です。2018年10月の聖護院の特別拝観と2019年節分祭の時に参拝してまいりました。綺麗な本殿の右と左、1箇所で2つの神社にお詣りできる、ちょっとお得な気分になれる神社でした。
左京区

【聖護院塔頭】積善院凖提堂 積善院さんと凖提堂さんと人喰い地蔵さんと。

京都市左京区の積善院凖提堂。聖護院と横並びに建つ聖護院塔頭で、門扉一つで区切られているだけというほど聖護院との繋がりの深いお寺です。この積善院凖提堂、元々は積善院と凖提堂だったからでしょうか?御本尊も2体安置されています。2月23日には、五大力尊法要が行われ、境内で護摩供が行われるとか。
その他

<京都半日散策>西大路七福社ご利益めぐり 2019年亥の年。

京都市右京区の西院駅周辺に用事があったこの日、正午過ぎには用事も終わり、時間が余ってしまいました。そこで、思い立ったが吉日!とばかりに、西大路七福社ご利益めぐりをして来ました。一度お詣りした神社さんに関しては本殿のみのお詣りにしました。どれくらい時間がかかったのか?を検証して見たいと思います。所用時間の目処を立てると、気軽に参加できませんか?
上京区

大将軍八神社 平安時代から京都の北西を守る神社

京都市上京区にある、大将軍八神社。平安時代に京都の北西を守るためにこの地に建てられた神社です。元々は方除けの大将軍様を祀った神社でしたが、明治時代の神仏分離令により、主祭神が変更されています。そんな時代の流れを掻い潜って来た神社には多くの神様が祀られていました。
北区

熊野神社衣笠分社 住宅街のモダンな社殿。

熊野神社衣笠分社はびっくりするほど近代的な建築で建てられた神社です。住宅街に違和感なく溶け込み過ぎて、なかなか見つけられないという人もいるそうです。目印は京都府警察北警察署の小松交番所。小松交番所の道路を挟んだ北東側斜め前に鎮座されています。
北区

敷地神社(わら天神) 京都有数の安産のご利益を頂ける神社

京都市北区にある、敷地神社。わら天神さんと言った方が市民には伝わります、多分。西大路七福ご利益めぐりの七社の中で、一番北にある神社です。京都の中では安産のご利益で有名で、ご利益を求めてお詣りをする人が多い神社。頂ける藁(わら)の節の有無でお腹の子の性別がわかるとか…。
中京区

法雲寺 縁を切る?結ぶ?御縁の神様にお詣り

京都市中京区、京都の大通りの一つの河原町通沿いに入り口のある法雲寺。殺風景な印象を受けた(失礼)境内のその奥に、縁切り+縁結びの信仰厚い大明神が祀られていました。菊野大明神への参拝を希望される方は、先に寺務所へどうぞ。寺務所では参拝用の「かわらけ」を購入することができます。
下京区

神明神社 四条烏丸からすぐ、街中で町の人が守る神社へ。

京都市下京区の神明神社。四条通りの一本南、地下鉄四条/阪急烏丸駅から徒歩数分という街中の神社。平安時代からこの地を守っているという小さな神社ですが、謡曲にも登場しているほど歴史深い神社です。さらりとお詣り出来るので、四条を歩く際には一本南の綾小路通(あやのこうじどおり)を歩いて見ませんか?
南区

【東寺】まとめ

大好きな東寺。毎月伺っている唯一のお寺です。御朱印と一緒に細かく紹介して来ましたが、色々な季節の写真があったので、まとめてみました。御朱印は各紹介ページに掲載しています。
南区

【東寺】太元堂〜食堂(東寺の北のエリア)

東寺の中で紹介していなかった、食堂と太元堂、弁天堂。東寺の境内の中では真ん中〜北側辺りを中心に。毎月詣をしている東寺さんなので、撮影日はバラバラです。東寺といえば五重塔や金堂・講堂と思ってしまいますが、無料で参拝できる食堂も私は好きです。
東山区

剣神社 子供の守護神

京都市東山区にある剣神社。2018年8月と11月の2度伺って参りました。「子供の守護神」様ということで、8月に参拝した時に知人の妊娠継続をお願いして来たところ、無事に産休突入。大きなご利益を頂くことができました。8月初旬の台風被害が残る境内の様子を、8月と11月の写真を織り交ぜてご紹介。
東山区

【泉涌寺別院】雲龍院 静けさを味わう

京都市東山区にある、泉涌寺別院の雲龍院。こちら、静かな泉山の中でも一際大人の雰囲気漂うお寺です。シンプルながら計算された色紙の景色や悟りの窓がある書院、書院から眺める四季折々に楽しめるお庭、霊明殿に龍華殿。普段よりおしとやかに歩きたくなるのは、私だけでしょうか?
東山区

【東福寺塔頭】勝林寺 秋の特別拝観で秘仏の御本尊と紅葉を満喫

東山区にある、東福寺塔頭寺院の一つの勝林寺。御朱印と御朱印帳、ほぼ毎日行われる坐禅体験などをSNSを上手に使って広報していて、いつ訪れても人が多い人気のお寺です。お正月と秋の特別拝観の際にだけ公開される、秘仏の御本尊様と紅葉を満喫してきました。
東山区

【泉涌寺塔頭】戒光寺 秋の戒光寺内陣特別参拝-2018年11月17日~25日

京都市東山区にある、戒光寺。泉涌寺の総門の中、泉涌寺道沿いに戒光寺の山門があります。泉涌寺塔頭寺院の中で常に公開していて、常に参拝者がいる印象があります。今回、秋の戒光寺内陣特別参拝ということで伺ってまいりました。過去何度かお詣りした時の写真と一緒に。
東山区

【泉涌寺塔頭】新善光寺 2018年秋の新善光寺展へ。

東山区にある、新善光寺。泉涌寺のお山の中で唯一お詣り出来ていなかった、新善光寺。寺宝の公開が行われるとのことで参拝してまいりました。※2019年11月、新善光寺の門前に車止めが置かれていなかったので再訪し、御朱印も頂いて参りました。
下京区

龍岸寺 超十夜祭 2018/10/13〜2018/11/18と令和元(2019)年浄土宗寺院大公開

京都市下京区にある龍岸寺。アイドルが居たり掲示板に書かれた言葉が面白かったり、色々話題豊富な龍岸寺。10月13日(土)~11月18日(日)の間、「超十夜祭」と名付けられた十夜法要を軸としたイベントが行われています。イベント時以外は非公開寺院だったような記憶に、この機会を逃しては!と、伺って来ました。※令和元(2019)年浄土宗寺院大公開でいただいた御朱印を追加しました。
その他

京都駅「京都美風 京都 御朱印めぐりと御朱印帳 2018」に行って来ました。

京都駅で行われている、「京都美風 京都 御朱印めぐりと御朱印帳 2018」。人気の御朱印、カラフルなものや可愛らしい御朱印帳など、知らないものがいっぱい展示されていました。参拝したことがある寺社でも御朱印帳までは余り見てなかったなぁ…と。2018年11月2日(金)~11月30日(金)の期間限定です。
左京区

【聖護院】聖護院門跡 本山修験宗の総本山で秋の特別公開。

京都市左京区の聖護院門跡。山伏修行をしている友人に案内してもらおう!と思っていたのですが、待ちきれず、特別公開に合わせて参拝して来ました。宸殿内の一部で写真撮影が許可されている、今回の特別公開。2018年秋のオススメです。FacebookやTwitterから得ていた情報+特別公開での案内で細かなところまで見て回れました。
右京区

西院春日神社「春日祭」2018/10/13 夜の参拝

西院春日神社の春日祭。以前、西院春日神社で御朱印を頂いた際にイチオシして頂いたお祭り。残念ながらお神輿の巡行の日は都合が合わなかったので、前日の宵祭りに伺って参りました。カラオケや氏子地区の方対象のくじびき(?)など、地元色の強いお祭。お詣りと露店を満喫してまいりました。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました